何故、犯人は、予定変更を知り得たのか?何故クライシスアクターがいるのか?

映像の不可解なポイントに対する自家消費的なタロット占い

についてカードを引いてみました。

何故クライシスアクターがいるのか?については、最後の

ソードの5の逆位置の解説の下に書いています。

1枚目のカード

女教皇の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

今回の犯人に対して情報を与える存在がいたと読むことが出来ます。

しかし、この女教皇のカードは、逆位置ですから限られた情報、

最低限の必要な情報だけを与えられた可能性があります。

2枚目のカード

ソードの5の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

犯人の問いかけに対して応えているように見えて何かを

欺いています(ソードの5の逆位置)。

実行させたいことだけ、実行させるためだけの情報を

与えていたと読むことが出来ます。

3枚目のカード

カップのナイトの正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

犯人に情報を与えた存在には、何らかの野心があったと(カップの

ナイトの正位置)読むことが出来ますし、今回のタロット占いの

流れとしては、限られた情報を与えて犯人に野心(カップのナイト

の正位置)を植え付けたと読みました。

4枚目のカード

ワンドのペイジの逆位置

4枚目は、対策カードになります。

犯人に限られた情報を与えた存在は、犯人に対して何らかの枷

になる条件(ワンドのペイジの逆位置)を与えたと読むことが出来ます。

このワンドのペイジの逆位置のい対策内容は、慌てずに落ち着いて

言われた通りにすることと読むことが出来ます。

5枚目のカード

コインの5の逆位置

5枚目のカードは、犯人の本音部分を表しています。

何らかの地位に関する条件を与えたと読むことが出来ます。

コインの5の逆位置ですから何らかの地位が失われることに対する

フォローと読みましたが、犯人が本当に得するかどうかは、

一般的な物差しでは計れないでしょう。

損をして得を取るみたいな感じかも知れません。

6枚目のカード

節制の逆位置

6枚目のカードは、限られた情報を与えた存在の本音部分を

表しています。

目的んび対する成果が低く推移していて心配だ(節制のカードの

逆位置)と読みました。

7枚目のカード

ソードの5の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ソードの5の逆位置ですから、何らかの目的の達成が最優先

と読むことが出来ます。

何故クライシスアクターがいるのか?

恐らく犯人と同じ読み方で良いと思いますが、ただ、この

タロット占いのまとめとなるカードであるソードの5の逆位置は、

真実が露呈しなければ良いと読みました。

まとめ

他にも期日前の記事や流血が少ないこと、何故、生々しい映像を

使うのか?等々多くの???ポイントが無数にあり複数カードを

引いてみましたが、このカードが比較的無難だと思います。

不可思議な音量や危険物が被害者に対して侵入した角度、立ち位置

無数に謎がありすぎてかなりカードを読んでしまいました。

sponsored link
error: Content is protected !!