美しい人の寿命を語る代償(美しい人のタロット占い)

美しい人のタロット占いの理解を深めるために読んでいます。

1枚目のカード

カップのナイトの逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

異性に対する愛情が移り変わり易い状態(カップのナイトの逆位置)

と読むことが出来ます。

2枚目のカード

コインの6の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ア○は、プロポーズが成功した(コインの6の正位置)と

読むことが出来ます。

3枚目のカード

ワンドの4の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

これは、ア○にとって受け入れ難いこと(ワンドの4の逆位置)と

読むことが出来ますし、偽りがまったくないわけではない

(ワンドの4の逆位置)と読むことが出来ます。

4枚目のカード

ワンドのキングの正位置

4枚目は、ア○の対策カードになります。

ある組織が持つ強制力と愛情をセットで考えることが出来る

(ワンドのキングの正位置)と読むことが出来ます。

これが、そのまま対策内容になります。

5枚目のカード

ソードの6の正位置

5枚目のカードは、ア○の相手の本音部分を表しています。

取捨選択の結果の成功ですから、言い方を変えれば、計画に

基づいた結婚(取り引き)と読むことが出来ます。

ア○の相手と書きましたが、もしかしたら、組織のお偉いさん

との計画(取捨選択)というイマジネーションもあります。

6枚目のカード

カップのキングの正位置

6枚目のカードは、ア○の本音部分を表しています。

1枚目のカップのナイトの逆位置に関しては、気にならない

のかも知れません。

それでも好き(カップのキングの正位置)と読みました。

しかし、7枚目のカードは、コインの2の正位置です。

7枚目のカード

コインの2の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

コインの2のカードですから、愛情ということを第一義に

考えると、そうではないかも知れません。

一般的なタロット占いであれば、浮気等をイメージしますが、

今回のタロット占いでは、何らかの教えや取引に基づいた結婚

と読みました。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

好き嫌いよりも優先すべきものがあるとも読めます。

教えや取引と読みましたが、それは、当然、払うべき代償を

意味していると読みました。

当然、美しい人は、そんなものは拒否と読んできましたが、

mがセクシー女優と飲食をしながら楽しんでいるように、

このような教え(集金システム)は、教えは、違えど構造は、

同じと読みました。

これまでマクラ活動を特殊なことと読んできましたが、

教えの中では、縦のランパとも呼べるような仕組みがある

かも知れません。

このタロット占いの中心となる2枚目のカードとまとめ的な

カードを併せて読むと、このような結婚によって呼び込める

関係性が出来ると読みました。

その関係性から特殊な情報が得られるのかも知れません。

竹藪のタロット占いは、載せられませんが、やはり関係性から

主要な党に潜入させられたと読みました。

サイズや目的は、別ですが、役割は、似ているかも知れません。

それでも好き(6枚目のカップのキングの正位置)ですから

十分なのかも知れません。

教えを信じていると代償に関して受け入れることは、当然

という心理状態になれるのでしょう。

これは、美しい人を消した側に回った人たちに言える傾向と

同じではないでしょうか。

sponsored link
error: Content is protected !!