メリットの有無で恋愛関係を見たり見られるアスペクト

ドラゴンヘッドと木星がオポジションをしている場合は、

一見、人当たりが良いですが、冷静と言うか、無自覚に

自分自身の利益になるかどうかの視点で考えてしまいます。

このような資質は、無意識レベルで人間関係で疲れ易く

なりますから、深い交際を避けたり、友人を絞る

傾向があります。

ホロスコープで性格や運勢を読む時に「秒単位」で占うことは

出来ませんが、タロットカードを使うと細やかな気分や運勢の

変化が反映します。

トランジットの大枠が変わるのではなく、その境界線の中で

いくらでも良い面と悪い面を選択出来る(読める)のです。

ですからトランジットと木星のオポジションが作る境界線の

中で様々なことが起こる可能性があります。

例えば、恋愛関係の中で受け身になると打算的な相手が恋愛対象に

なり易くなります。

打算的と言うと冷たく聞こえるかも知れませんが、この相手と

交際したら、どのようなメリットが期待出来るのか?と自然に

考えるタイプの人を引き付けやすくなります。

元気な時、ポジティブな場合は、自分自身がメリットを感じない

相手をスルーしてしまいます。

ドラゴンヘッドと木星のオポジションというアスペクトだけを

切り取っているので、限定された内容ですが、この恋愛読みだけで

あっても78枚のタロットカードの組み合わせの変化を読む

ことが出来ます。

仕事であれば、期待した利益の相違からトラブルを経験する

ことも多々あるでしょう。

このようなタイプの人のネイタルの木星にトランジットの火星が

近づいて来ると基本的にチャンスでは、ありますが、このような

資質にまつわる要素を刺激して来るので様々な面で用心深く

振る舞うことがお勧めです。

ドラゴンヘッドと木星のオポジションを持っていても木星が

拡大する火星とのアスペクトは、何らかのチャンスですから、

傷付いた経験をまだしていない場合は、すっと乗っていって

恋愛でも仕事でも一回か二回は、辛い思いをするでしょう。

問題は、その後で、今度は、辛い体験の理由がしっかりと

理解されていないと恐怖心が先立ってしまいます。

ドラゴンヘッド絡みと言うか、ノード軸絡みのアスペクトは、

無意識レベルで働くものなので、把握は、難しいですが、

より良い人生を生きるためには、癖を知って味方に付けることが

お勧めです。

sponsored link
error: Content is protected !!