美しい人の母親は、生きているのか?どんな状態なのか?

母親は、お墓を作りたくないのか?(美しい人のタロット占い)

の続きタロットです。

リンク先のカードを読んで、美しい人の母親の状態が気になったので

カードを引いてみました。

1枚目のカード

ワンドのナイトの逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

ワンドのナイトのカードは、チャンスをに対して機敏に動ける人物像を

表していますが、今回のワンドのナイトのカードは、逆位置ですから、

この内容が滞るか過剰になる可能性があります。

どちらにしても何らかの影響を受けて好きに動けないと

読むことが出来ます。

2枚目のカード

ソードの5の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のワンドのナイトのカードの逆位置からのソードの5のカード

ですから、ソード(風の元素が)だけが働くことで主張したり(5)、

自己防衛(5)している状態です。

過剰であれば、ソードの5のカードですから何らかの主張が

ありそうですが、それがないのであれば、1枚目のワンドの

ナイトのカードの逆位置は、滞りを表しています。

ひたすら自己防衛の状態(ソードの5の正位置)と読むことが出来ます。

言い方を変えれば、外からの情報(ソード)が入ってこないと言う

ことになります。

これを即、何らかの施設や教えの中と読むのは、早合点でしょう。

占星術と異なり、タロットカードは、カードデザインを考慮して

読むことも大切です。

このタロット占いは、マルセイユ版を使用しているので小アルカナの

カードは、単なる数札ですが、ウエイト版を使われている方は、

カードデザインも考慮して下さい。

ソードの5の正位置の他の言語化を考慮すると取引や人間関係において

マイナス影響(損失や悪い噂等)を被る(強い自己主張の裏返しや、それに

対する他者からの反動等)と読むことが出来ます(ソードの5のカードは、

何らかの妥協をしてでも主張するような、かなり決意の強いものなので

それに比例した反動があります)。

この強い自己主張の内容がいったい何なのか分かりませんが、その結果

3枚目のコインの1の正位置が続きます。

3枚目のカード

コインの1の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

2枚目のカード解説の続きです。

この強い自己主張の内容がいったい何なのか分かりませんが、その結果

3枚目のコインの1の正位置が続きます。

と書きましたが、この流れだと美しい人の母親は、この自己主張の

内容を状況や気分次第で取り組んでいることが消える確立が高い

小アルカナの「1」(今回は、コインのカードが表す内容)の状態を

継続し続ける必要があると読むことが出来ます。

ここまで読んで来ると、物理的なのか、心理的なのか、契約や取引の

結果かは、分かりませんが拘束された状態と読むことが出来ます。

他にも家族関係やその他の人間関係、経済状態といった理由もあります。

コインの1の正位置ですから何らかの利益を受け取ったことによる

代償が背景にある可能性があります。

もう一つあるとすれば、現在の状態を守るので精いっぱい(安定した

状態のコインの1の正位置)と読むことが出来ます。

どのような内容にしても現状維持しか出来ない理由があると

読むことが出来ます。

sponsored link



4枚目のカード

恋人の正位置

4枚目は、美しい人の母親の対策カードになります。

恋人のカードですから美しい人の母親に相応しい状況や人物を

引き寄せたと読むことが出来ますから、その状況について誰かに

相談するか、引き寄せた相手に理解と協力を求めることが

対策内容だと読むことが出来ます。

3枚目のカード解説の内容と併せると美しい人の母親が引き寄せた

相手によって現状維持が精いっぱい(3枚目のカード解説)と

読むことが出来ます。

5枚目のカード

コインのクイーンの正位置

5枚目のカードは、美しい人の母親が引き寄せたことによって

現状維持しか出来ない状態の理由になっている相手の

本音部分を表しています。

美しい人の母親の状態のお陰で安定した対応が出来る(コインの

クイーンの正位置)と読みました。

6枚目のカード

カップの10の逆位置

6枚目のカードは、美しい人の母親の本音部分を表しています。

カップの9のカードもカップの10のカードも満足と言うことでは

同じですが、カップの10のカードは、既に完全に形になって

しまった後の状態を表しています。

その逆位置ですから、手に入る満足を全て味わった結果(カップの

10のカード)の逆位置ですから、今の状況に飽きたり不満を

感じている可能性があります。

7枚目のカード

女帝の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

この7枚目の女帝の正位置だけを読めば、良いカードに見えますが

このタロット占いの中心となる2枚目のカードと併せて読むと

やはり美しい人の母親は、ソードの5のカードの状態(自己主張の

結果の現状維持)を継続する必要が続くことになります。

固定された状態を継続するだけですが、女帝のカードですから

それに対応する美しい人の母親は、様々な形で生産性を発揮する

必要があります。

言い方を変えれば、変化が生じているのです。

つまり生きているということなのでしょう。

しかし自由な状態とは、言い難いでしょう。

少なくとも思うようにはならない(1枚目のワンドのナイトの逆位置)

ということなのでしょう。

カードの並び順で考えても思うように動けない理由を読み続けたのが

今回のタロット占いです。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

7枚目が皇帝のカードであれば、亡くなっている可能性がありましたが、

女帝のカードですから、思うようにならない状況を維持するために

何らかの生産性を発揮していることになります。

しかし不毛な感じがします。

普通のタロット占いで言えば、社畜状態で日々の暮らしがワンパターンで

飽きているみたいな感じです。

教えの中にいるのか、ひっそりと身を潜めているのか?家族が何らかの

理由で外に出さないのか?誰かに健康状態を管理されているのか?

といった可能性が浮かびます。

少なくともチャンスを見いだしても対応出来ない状態です。

そしてその状態を作り出した原因は、母親自身であり、それに相応しい

環境と相手に縛られていると読むことが出来ます。

sponsored link
error: Content is protected !!