美しい人の内蔵は、どこかに保管されているのか(そこから見えるもの)

繊細な方は、読まないで下さい。

1枚目のカード

ソードの3の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

分離作用のソードの3のカードが生産性を上げます。

逆位置ですから、分離作用だけが目立つようなことが多くなります。

恋愛であれば、再構築を期待して距離を取ったつもりだったのに

そのまま別れてしまったり、誰かに仲を裂かれたりすることも

あるかも知れません。

今回のタロット占いの問いは、「美しい人の内蔵は、どこかに

保管されているのか」ですから、美しい人の身体から内臓を

分離したと読むことが出来ます。

1枚目のカードは、動機として読むことも出来るので、ここでは

内臓を抜こうとしたと読むことも出来ます。

言い方を変えれば、骨と内臓の分離とも読むことが出来ます。

2枚目のカード

コインの2の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

コインのカードは、具体的な性質や感覚的なものや身体を

表しています。

コインの2のカードですから、美しい人の身体と内臓が切り離されて

それぞれに保管されることになったと読むことが出来ます。

コインのカードですから、誰かの精神的な価値が反映された結果

として読むことが出来ます。

正位置であれば、内臓を抜かれても骨と一緒に保管されている

可能性がありますが、逆位置ですから、別々に保管されている

と読みました。

「3」から「2」の流れですから1枚目のソードの3の逆位置の

段階で実際に内臓を抜いたのでしょう。

3枚目のカード

魔術師の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

2のカードから魔術師のカードですから、抜きとった美しい人の

内臓に対して誰かからのニーズが発生したと読みました。

この魔術師のカードは、逆位置ですから、何らかの偽装が

必要になったと読むことが出来ます。

叔父の判断で密葬は、本当なのか?(美しい人のタロット占い)

リンク先のカードを読んだ時にまるで美しい人を消した側の

ような印象を受けたので、今回のカードを読んでいますが、

これらも関係があるかも知れません。

意図したわけではありませんが、続きタロットの可能性があります。

sponsored link



4枚目のカード

ソードの4の逆位置

4枚目は、美しい人の内臓を抜いた側の対策カードになります。

法律に触れることをしたので(3枚目の魔術師の逆位置)、

恐ろしく道徳観念に反することをしたので(3枚目の魔術師の逆位置)

何かを諦める必要があった(ソードの4の逆位置)と読むことが出来ます。

ソードのカードは、常に取捨選択がつきまといますから、内臓を

優先したために骨を諦めたということなのでしょうか?

誰か欲しがった人がいたのかも知れません。

しかし3枚目の魔術師の逆位置は、偽装ですから、美しい人の骨を

諦めたのかも疑問が残ります。

5枚目のカード

ソードの10の正位置

5枚目のカードは、美しい人の骨を欲しがった人の本音部分を表しています。

自分自身が選択し続けた最終的な結果に対してショックを受けている

(ソードの10の正位置)と読みました。

ソードのカードなので普通に思い浮かぶショックとは、異なります。

そもそも、このソードの10のカード(美しい人の骨を欲しがった人)が

招いた結果だからです。

ソードは、剣ですから、そこに何らかの攻撃的な性質もあると読むべき

であって、結ばれる作用のカップのカードが失望する時とは、かなり

ニュアンスが異なります。

6枚目のカード

星の正位置

6枚目のカードは、美しい人の内臓を抜いた側の本音部分を表しています。

理想的な環境で働けている(星の正位置)と読みました。

7枚目のカード

カップの4の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

カップの4のカードですから内臓を抜くために手助けをした人物が

いると読みました。

専門家ということなのでしょう。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

色の付いた紙が寺で折り曲げた指は、美しい人の内臓は、我々のものだ

という主張だと読みました。

このタロットカード全体が意味する内容の言い方を変えれば、美しい人は、

こっそりと運ばれたということなのでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!