「十」撃事件の周囲は、「針」者だらけだったのか?(ふんわりとタロット占い)

1枚目のカード

戦車の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

どのようなやり方であっても成果を出そうとした(戦車の逆位置)

と読むことが出来ます。

2枚目のカード

ワンドのキングの逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

このワンドのキングの逆位置は、権威に対して反抗的なのか、

自信があり過ぎて強引なのかは、残りのカードで決めていきます。

3枚目のカード

ソードの7の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

ソードの7のカードは、主張ではなく実際に動きますから、裏で

動いていた(ソードの7の正位置)と読むことが出来ます。

秘密裏に動いていた(ソードの7の正位置)ということでしょう。

4枚目のカード

ワンドの9の正位置

4枚目は、対策カードになります。

1枚目のカードから3枚目のカードの流れを成功を信じて

行動した(ワンドの9の正位置)と読むことが出来ます。

信じることで何でも出来るのかも知れません。

5枚目のカード

ソードの10の正位置

5枚目のカードは、「針」者たちに指示した存在の本音部分を

表しています。

このソードの10のカードは、正位置ですから、新しい扉

(10番目の大アルカナは、運命の輪)を開こうとしていたと

読むことが出来ます。

6枚目のカード

ワンドのペイジの逆位置

6枚目のカードは、「針」者たちの本音部分を表しています。

自分たちが考えることを否定する存在が理解出来ない(ワンドの

ペイジの逆位置)と読みました。

言い方を変えれば、一般的な周囲の考えが理解出来ない

(ワンドのペイジの逆位置)と読むことが出来ます。

7枚目のカード

コインの9の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

今回の役割に満足をしている(コインの9の正位置)と読みました。

結果的に1枚目の戦車の逆位置は、何が何でも目的を達成しようした

と読むことが出来ますが、最終的に満足をした(コインの9の正位置)

には、付け加えるべきことがあると思います。

それは、行動の全体的な意味を本当に理解しているのではなく、

その目的の達成という大枠より今回限定の自分自身の役割が

果たせれば解放されるような感じ(7→9)ということなのでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!