美しい人を消した教えを隠すために、あの寺を選んだのか(美しい人のタロット占い)

何故、縁もゆかりもないところに納骨を指定されたのか?

カードを引いてみました。

1枚目のカード

コインのクイーンの正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

誰かがしっかりと計画を立てた(コインのクイーンの正位置)

と読むことが出来ます。

2枚目のカード

ワンドのペイジの逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカードは、しっかりと計画を立てていく(物事を育む)

コインのクイーンのカード(しかも正位置)です。

しかし2枚目のワンドのペイジのカードが意味することは、

展望を持つことが出来ない人物像です。

何故か?

公のことと私的なことが混同されている(ワンドのペイジの

逆位置)からと読むことが出来ます。

当たり前ですが、納骨は、個人的な問題です。

そこに公の問題が絡んで来ていると読むことが出来ます。

3枚目のカード

月の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

月のカードは、危険なカードです。

不安要素を抱えて模索している状態と読むことが出来ます。

しかもそれは、具体的なことです。

このタロット占いの中心となる2枚目のワンドのペイジの逆位置で

公の問題と個人的な問題に分けて読みました。

公の問題であれば、何かしら不正なやり取りがあった(月の正位置)と

読むことが出来ますし、個人的な問題であれば、どのように

対応すべきが分からない(月の正位置)と読むことが出来ます。

4枚目のカード

ソードの10の逆位置

4枚目は、美しい人を消した側の対策カードになります。

美しい人を消した側にとって不利益になるような教えとの接点が

明らかにならないような方法について専門家に相談した

(ソードの10の逆位置)と読むことが出来ます。

5枚目のカード

カップのナイトの正位置

5枚目のカードは、個人的な問題である当事者の本音部分を

表しています。

最初は、美しい人の遺族の本音部分と思いましたが、この個人的

な問題とは、お寺の誰かと美しい人を消した側の個人的な問題

ということなのでしょう。

様々なアイデアを提案した(カップのナイトの正位置)と

読むことが出来ます。

6枚目のカード

ソードのペイジの正位置

6枚目のカードは、美しい人を消した側の本音部分を表しています。

ソードのペイジのカードは、調査をしたと読むことが出来ます。

当然、納骨を知らせる場所に相応しいところを調べたでしょう。

それを活かした(ソードのペイジの正位置)ということなのでしょう。

だとすると、このソードのペイジのカードは、あの人物かも

知れません。

7枚目のカード

正義の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

何とかwinwinになる話し合いが出来たと(正義の正位置)と読んで

気がつきましたが、この時に5枚目カップのナイトの正位置は、

お寺の本音部分を表していると気がつきました。

最初は、遺族の本音部分を表していると思っていましたが、

それでカップのナイトの正位置は、読めなくはないが、

読み難い、しっくりこないカードだと感じていました。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

このタロット占いの中心となる2枚目のワンドのペイジの逆位置の

個人的な問題と公の問題の意味が最後で分かりました。

重要部分は、美しい人を消した側は、何らかの新しい事実に

気が付いたことで、今回の納骨を決めたということです。

いったい何でしょうか?

イロのカミの訪問に捉われなければ、3枚目のカードは、少し

先の未来を表しています。

相談したことで様々な要素に気が付き何らかの利益を独り占め

しようとしていると読むことが出来ます。

もちろん、それは美しい人を消した側です。

sponsored link
error: Content is protected !!