美しい人のガスラを外国紙に訴えてくれるという人は、味方なのか?

1枚目のカード

ソードの9の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

ソードの9のカードですから情報や知性の取捨選択の最終的な状態

と読むことが出来ます。

この取捨選択は、ある種の探求(9)とも言えるものです。

探索した結果、美しい人のガスラに気付いたと読むと他者に

問いかけなくても事情を知っているはずと読むことが出来ます。

言い方を変えれば、誰かに尋ねる必要は、ありません。

動機としては、ポジティブになれない何かに突き動かされている

(ソードの9の逆位置)と読むことも出来ます。

2枚目のカード

ソードの2の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ソードの2のカードの逆位置ですから葛藤したまま選べない

状態と読むことが出来ます。

「2」は、数字として二つですからソードの分離作用がどちらかの

一方に働くことが出来ません。

「2」は、意識化出来ない状態で引っ付いているから葛藤状態に

あると読むことが出来ます。

美しい人のガスラを外国紙に訴えてくれるという人は、何らかの

理由で自分自身では、解決出来ない問題を抱えている(ソードの2の

逆位置)があると読むことが出来ます。

この問題と美しい人のガスラ情報を敢えて美しい人を好きな人たち

から集めることには、どのような関係があるのかが問題です。

3枚目のカード

ワンドの2の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

ワンドの2の逆位置ですから、誰かの力を使って(ワンドの2の

逆位置)何かを何遂げようとしていると読むことが出来ますし、

そもそもワンドの2のカードは、闘争的な姿勢を持っています。

美しい人を利用して他の目的を達成しようとしている可能性も

あるかも知れません。

もちろん、美しい人のガスラを訴えることが目的で他のことが

手段と言う可能性もあります。

しかし美しい人を取り上げることが手段と読むことが普通

かも知れません。

sponsored link



4枚目のカード

ワンドの7の正位置

4枚目は、美しい人のガスラを外国紙に訴えてくれるという人の

対策カードになります。

美しい人のガスラを外国紙に訴えてくれるという人は、何らかの

難しい問題に取り組んでいる(ワンドの7の正位置)と読むことが

出来ます。

やはり、この取り組んでいる問題の内容次第です。

対策内容としては、逃げずに取り組むしかないのですが、

それが美しい人のガスラを外国紙に訴えるという行動に繋がるのが

とても不思議です。

歯似虎で引退し復活した方が美しい人のガスラを外国紙に訴えて

くれるという人の活動に参加されているので何かの取引なのか?

とか、考えたりもしますが、何せ、情報が少ない方なので

言語化が出来ません。

5枚目のカード

カップのペイジの逆位置

5枚目のカードは、美しい人を好きな人の本音部分を表しています。

いつも美しい人のことを考えている(カップのペイジの逆位置)

と最初に読みましたが、7枚目を読んだ時に異なる存在の本音部分

だと読み直しました。

6枚目のカード

ワンドのクイーンの逆位置

6枚目のカードは、美しい人のガスラを外国紙に訴えてくれるという

人の本音部分を表しています。

美しい人のガスラを外国紙に訴えてくれるという人自身の社会的地位に

監視て心配することがある(ワンドのクイーンの逆位置)と

読むことが出来ます。

7枚目のカード

ソードのペイジの正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

このソードのペイジのカードは、美しい人のガスラを外国紙に

訴えてくれるという人が何らかの理由で情報を調べると

読むことが出来ます。

しかし、最後までカードを読むと美しい人のガスラを外国紙に

訴えてくれるという人自身に注意が必要と読むことも出来ます。

そうなると5枚目のカードは、美しい人を好きな人たちの

本音部分ではなく、異なる利害関係で美しい人のことを

考えている可能性があります。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

情報提供者の炙り出しでしょうか?

歯似虎の人と接点があるのが気になります。

ガス抜き程度のことでしょうか?

sponsored link
error: Content is protected !!