美しい人が行政解剖されたという話は、本当か?

1枚目のカード

ソードの5の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

何らかの不正(ソードの5の逆位置)と読みました。

かなり一方的な自己主張(ソードの5の逆位置)と読みました。

2枚目のカード

ソードの3の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ソードの3の正位置も1枚目と同様、不正と読むことが出来ます。

1枚目の結果、何かを妥協しながらも休みなく、主張を続ける

と読むことが出来ます。

3枚目のカード

皇帝の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

2枚目のカード解説で読んだ休みなく主張し続ける理由は、

美しい人の行政解剖があったという情報を普及し(皇帝のカード)、

そのまま安定化(皇帝のカード)させていくと読みました。

この皇帝のカードは、逆位置ですから、自分自身の立場(領域)を

守るためと読みました。

4枚目のカード

ワンドの8の正位置

4枚目は、この情報発信者の対策カードになります。

素早くこの情報を流したい(ワンドの8の正位置)と

読みました。

ですから対策内容としては、素早く広めるための手段を

選択することと読むことが出来ます。

5枚目のカード

カップの7の逆位置

5枚目のカードは、美しい人の行政解剖のお知らせを実際に

流す立場の本音部分を表しています。

やらねければならないし(カップの7の逆位置)、競争相手に

先んじて動く必要がある(カップの7の逆位置)と読みました。

競争相手については、明示しません。

6枚目のカード

恋人の逆位置

6枚目のカードは、この情報の震源地の本音部分を表しています。

確信を持って動けない(恋人の逆位置)と読みました。

言い方を変えれば、自信がないと読めるかも知れません。

簡単に言えば、具体的に聞かれれば、「答えることは出来ない」、

ということでしょう。

理由は、異なりますが納骨のタロット占いに似ています。

7枚目のカード

カップの4の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

自ら積極的に取り組みたいことではなく、何らかの事情で

請け負った仕事(カップの4の正位置)と読むことが出来ます。

このタロット占いの中心となる2枚目のカードと併せて読んでも

やはり、この情報の普及と安定が目的と読むことが出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

上書きの第2弾が始まったかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!