月のカードデザインの池が干上がり消した側が現れる(美しい人のタロット占い)

美しい人を消した側の後ろ盾は、近くにいました。

はるかに遠いところとか、異なる世界では、ありませんでした。

普通の顔をして溶け込んでいると読めました。

月のカードは、無意識レベルでの見えない動きが顕在意識側に

表出しようとする動きを表しますが、隠者のカードのように

精神世界の探索ではなく具体的な探索です。

美しい人を消した側は、特定の範囲しか目が届いていません。

後ろ盾が揺れてくれば、それは、当然です。

あくまでも具体的に美しい人を消した側として、こちら側に

押し出されてきます。

それは、美しい人を消した側が異世界を失った(月のカードの

デザインである池が干上がって日常生活の水路に上がらざるを

得なくなった状態)を表しています。

今までザリガニが隠れていた月のカードの池は、美しい人を

消した側の後ろ盾と読むことが出来ます。

丁寧に読む理由は、そんなところですが、その池は完全な異世界です。

しかし異世界でありながら、何と言うか、壁は、薄いのです。

そういうイマジネーションです。

ただ自分自身が見ているものをどう理解したものか?

美しい人が戦後前後を2週間くらい延々と見せて来た時に

まさか、こんなことに繋がるなんて理解仕切れなかった人間が

読んでいるわけです。

美しい人を火の玉ボーイみたいだと書いていた頃です。

ただ言えることは、美しい人を消した側の後ろ盾であっても、

異世界であっても、遠いことではなくまるでパラレルワールドのように、

そのような世界があってこちらの世界をコントロールしたい時だけ

腕を伸ばして来るようなイマジネーションです。

異世界は、言葉通りの異世界ですが、そこから腕を伸ばすための

通路みたいなものをコントロールする存在は、必要です。

今、そこを少しずつ読んでいます。

その流れは、丁寧に追うとして、最近、工作が活発化しています。

大きな流れは、何となく美しい人から頂いています。

かなりの国難レベルで戦○の材料にされそうな恐ろしい事態ですが、

それは、それとして、工作は、美しい人を消した側のためです。

背景は、かなり大掛かりですが、やったのは、美しい人を消した側です。

美しい人に与えた怪しい雰囲気の危害も集団心理のヒステリーを

収めるものであって本音部分は、何かが漏れたら、恐ろしいからだと

読んでいます。

sponsored link
error: Content is protected !!