美しい人は、自ではなく他と読めるタロット占い

1枚目のカード

ソードの9の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

最初から止めるつもりだった(ソードの9の逆位置)と読むことが出来ます。

2枚目のカード

コインの7の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

コインの7のカードですから、最初から流通させるつもりだったと

読むことが出来ます。

美しい人が亡くなっても最初から流通させる(コインの9の正位置)

と言うことになります。

もちろん、「7」ですから、失敗すれば公開消滅を流通させることは、

出来なくなってしまいます。

しかし、それは、他である公開消滅(後で説明しますが、他)を

全国津々浦々に届けられる許容範囲を超えてしまい、流通させることが

出来なくなる可能性を抱えていました。

1枚目と2枚目のコインの7の正位置を併せて読むと、難しい表現を

乗り越えて視聴者に流通させると読むことが出来ます。

「7」ですから美しい人を消した側が行動で出し抜くという

ニュアンスが強くなります。

3枚目のカード

ソードの6の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

ソードの6の逆位置ですから、視聴者を出し抜くつもりが

様々なガスラの意図が暴露されてしまったと読むことが出来ます。

4枚目のカード

ワンドの7の正位置

4枚目は、美しい人を消した側の対策カードになります。

困難なことに挑戦した(ワンドの7の正位置)と読むことが

出来ますが、その内容は、公開消滅ですから、良くない

正位置と言えます。

普通であれば、個人の実力を伸ばすことが対策内容ですが、

このタロット占いでは、即刻中止すべきと読むことが出来ます。

公開消滅は、すべきではないことなのです。

5枚目のカード

ワンドの10の逆位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

公開消滅は、美しい人が一人で対応出来るものではなかった

(ワンドの10の逆位置)と読みました。

6枚目のカード

コインの2の正位置

6枚目のカードは、美しい人を消した側の本音部分を表しています。

楽しく仕事をしていた(コインの2の正位置)と読むことが出来ます。

7枚目のカード

戦車の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

3枚目のソードの6の逆位置も7枚目の戦車の逆位置も公開消滅は、

失敗したと読むことが出来ます。

「えっ」と思われるかも知れませんが、普通に審査、捜査されれば、

確実に美しい人の異変が映像に残っているからです。

実際に流通させられ販売もされたので、美しい人の公開消滅は、

成功したと多くの人が思っていますが、やり過ぎた結果(戦車の逆位置)

失敗してしまったと読むことが出来ます。

ただ捜査されなかっただけなのです。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

最初から途中で終わり流通させるつもりですから他だと読みました。

そして公開消滅は、失敗しているのです。

sponsored link
error: Content is protected !!