消した側のめくれていくポイント(美しい人のタロット占い)

何故、美しい人の銅像や記念館が故郷に作れないのか?と言う問いで

カードを引いてみました。

その結果、めくれるポイントが見えてきたのかも知れません。

1枚目のカード

ソードのナイトの逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

美しい人を慕う人たちを減らさなければいけない(ソードのナイトの

逆位置)と読むことが出来ます。

ソードのナイトの逆位置ですから、美しい人を消した側は、本当は、

美しい人を好きな人をゼロにしたいのです。

2枚目のカード

塔の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

塔のカードは、美しい人の故郷や美しい人を慕う人たちと

読むことが出来ます。

美しい人への思いを破壊させる(塔のカードの逆位置)と読みました。

3枚目のカード

ワンドのキングの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

1枚目のカードも2枚目のカードも美しい人を好きな人の気持ちを

破壊するという意味であり、これからも強引に行う(ワンドのキングの

逆位置)ということでしょう。

4枚目のカード

恋人の逆位置

4枚目は、美しい人を消した側の対策カードになります。

美しい人を消した側と美しい人を好きな人たちは、とても不安定な

状態(美しい人を好きであり続ける環境を美しい人を消した側が

破壊することが目的だからです)。

恋人のカードの逆位置ですから、美しい人を消した側は、美しい人を

好きな人たちとの境界線を取り除く気はないと読むことが出来ます。

そんなことをしたら美しい人を消したことが暴露されるからです。

5枚目のカード

ワンドのナイトの逆位置

5枚目のカードは、美しい人を慕う人たちの本音部分を表しています。

美しい人への気持ちを抑えることが難しい(ワンドのナイトの逆位置)

と読みました。

6枚目のカード

コインの4の逆位置

6枚目のカードは、美しい人を消した側の本音部分を表しています。

既得権益を守りたい(コインの4の逆位置)と読むことが出来ますが、

美しい人を消したことが暴露されたくないということでしょう。

7枚目のカード

ソードの3の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

美しい人を消した側は、何かを妥協することで生産性を上げ続ける

(ソードの3の正位置)と読むことが出来ます。

美しい人を消した側は、何を妥協し、何を妥協させることで

美しい人を消したことがばれないように振る舞い続けるのかは、

別にして2枚目のこのタロット占いの中心となる塔のカードの逆位置、

美しい人を消した側の本音部分であるコインの4の逆位置と守りに

入っています。

守りに入っていると殻は綺麗に破れない(塔のカード)と読むことが

出来ますが、そのこととソードの3の正位置の妥協ポイントは、

同じかも知れません。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

この妥協するポイントには、数々の不正が必要になります。

そう言ったところからめくれてくるのかも知れません。

美しい人を消した側は、美しい人を慕う人たちをゼロにしたいの

ですから、記念館は、認められないでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!