ボイスがcdのために戦うと言ったのは、消した側との金銭闘争か?(美しい人のタロット占い)

美しい人のcdの申請の決意に関するタロット占いです。

1枚目のカード

カップの7の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

小アルカナのカードは、大アルカナの補助みたいに感じている人が

いらっしゃるかも知れませんが、小アルカナは、数札だからこその

重要性があります。

特定の元素と数字の組み合わせが小アルカナです。

「7」は、何かを願う気持ちです。

スートもカップ(気持ち)ですから、ボイスは、美しい人を消した側に

対して大きな期待を持っていたと読むことが出来ます。

このカップの7のカードは、逆位置ですが、逆位置を過剰として

正しくない手段と利益を得ようとしたと読んでみました。

2枚目のカード

カップのペイジの正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ある意味でボイスは、感受性がとても強い(カップのペイジの

正位置)のでしょう。

1枚目のカップの7の逆位置と併せて読むと正しくない手段を

使っても何とかしようとしたと読むことが出来ます。

言い方を変えれば、無理だと思ったことを諦めないでも良いと

気付いたと読むことが出来ます。

繊細さが裏返った状態です。

泣いてから強くなったと言うことでしょう。

3枚目のカード

正義の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

誰かが何かしらボイスに入れ知恵したことでボイスの視野が

広くなり冷静になった(正義の正位置)と読みました。

4枚目のカード

ソードの6の逆位置

4枚目は、ボイスの対策カードになります。

ボイスに入れ知恵した者の対策カードとも言えるでしょう。

美しい人を消した側を動かすアイデアをだすこと(ソードの6の

逆位置)と読みました。

上手くいったのでは、ないでしょうか。

美しい人の死に関するプロセスを話すという意思表示をしたと

読みました。

5枚目のカード

カップの4の逆位置

5枚目のカードは、美しい人を消した側の本音部分を表しています。

ボイスを消すべきか残すべきか悩んだ(カップの4の逆位置)と

読みました。

6枚目のカード

コインの5の逆位置

6枚目のカードは、ボイスの本音部分を表しています。

ボイスの相談者の本音部分とも読むことが出来ます。

実は美しい人を消した側に切り捨てられることを恐れていた

(コインの5の逆位置)と読むことが出来ます。

7枚目のカード

コインの3の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

6枚目のコインの5の逆位置で関係性を失うことを恐れてのことか?

と思いましたが、利益優先(コインの3の逆位置)です。

何故、こうなるかは、教えを認め合っている関係性だから

だと読みました。

目に関する表現には、最低でも三種の教えが力関係を変えながら

牽制したり協力したりしているのでしょう。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

やはり捲れてきているのでしょうか?

今まで重ねてきたカードの答え合わせのような現象が起きます。

sponsored link
error: Content is protected !!