美しい人の真相が明るみになる形

「森さんの事をテレビが報じない流れは、美しい人の捜査に

影響を与えるか?」という問いでカードを引いてみました。

安倍さんが亡くなり、森さんにも大変なことが起きたのにテレビが

報じない動きの影響についてカードを引いてみました。

1枚目のカード

隠者の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

隠者のカードと先の未来を表している3枚目のカードが法王のカード

ですから、調べたことを表現する(法王の正位置)と読むことが出来ます。

しかし、1枚目の隠者のカードや、このタロット占いの中心となる

2枚目のカップの9のカードも逆位置です。

隠者のカードの逆位置ですから、口を閉ざしている状態だった

と読むことが出来ます。

これは、隠者のカードの逆位置に自分自身の社会的立場ではなく、

存在そのものに対する危険性を意味することもあります。

2枚目のカード

カップの9の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

カップの9のカードは、願いが叶うと言うことになりますが、

逆位置ですから、精神的なの喜び・魂の喜び(カップの9のカード)

を一方的に求めます。

やり過ぎ(カップの9のカードの逆位置)と読むことが出来ます。

こういうカードは、美しい人を消した側から見たら、美しい人から

一度は、引き剥がした誰かと読むことが出来ます。

3枚目のカード

法王の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

1枚目と2枚目のカードを併せて読むと満足感を求めて、簡単に

言えば、美しい人に関することを調べていて、それを主張する

と読むことが出来ますが、1枚目と2枚目のカードを3枚目の

法王のカードを併せて読むと中身は、変わらないけれども、

主張する人(器)が変わると読むことが出来ます。

これが、1枚目と2枚目のカード(両方とも9)が逆位置という

ことなのでしょう。

4枚目のカード

ワンドの7の正位置

4枚目は、美しい人の真相について調べている人や最終的に

その情報を扱う人の対策カードになります。

このワンドの7の正位置は、1枚目から3枚目のカードが

途切れては、いけないことを表していると読みました。

器(調べている人と発表する人)が入れ替わること(9→5)が

条件ですから、一度でも途切れずに努力し続けること(ワンド

の7の正位置)が対策内容だと読みました。

異なる人物は、時間の経過と共に繋がりますから、努力が

途切れたら明るみになることは、ないと言うことになります。

5枚目のカード

ソードのナイトの正位置

5枚目のカードは、美しい人を消した側の本音部分を表しています。

何とか様々なアイデアを出して乗り切りたい(ソードのナイトの正位置)

と読みました。

言い方を変えれば、守ってもらえる当てがないと言うことになります。

6枚目のカード

ワンドの1の逆位置

6枚目のカードは、美しい人の真相について調べている人や最終的に

その情報を扱う人の本音部分を表しています。

主張や言動を認めてもらえない(ワンドの1の逆位置)と読むことが出来ます。

7枚目のカード

ソードの6の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

何かを妥協すれば、願いが叶う(ソードの6の逆位置)と読むことが出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

偽りの救急搬送を念頭に置いて読んでいます。

教えと圧のカードは、アップ出来ないものばかりですが、途方も無い力が

動いているようです。

町内会長もお花が好きだったみたいですが、それも、もう無意味です。

美しい人を消した側がソードのナイトの正位置ですから、不安に対して

自力で対処する必要があると読むことが出来ます。

様々なセットを省いてアップしているので内容が飛んでいますが、

こんな感じです。

sponsored link
error: Content is protected !!