何故、君に届けをツイートしたのか?

自家消費的なタロット占いです。

期待を込めて美しい人のタロット占いにカテゴライズしました。

1枚目のカード

月の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

今回のタロット占いの時系列問題(1枚目から3枚目のカード)を

簡単に読むと、今までは、分からなかったようなことに対して

向かっていきたい、立ち向かっていかねばと感じていると読みました。

何故、立ち向かっていきたいとか、いかねばと言うと、先の時間を

表す3枚目のコインの7のカードが逆位置だからです。

ただの7の逆位置で読めば、真っ向から挑むのは、まだしんどい

と言う感じですし、コインの7のカードの逆位置ですから、慎重に

取り組まねばと読むことも出来ます。

2枚目のカード

カップのキングの逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

このカップのキングの逆位置は、人物像なのが何らかの出来事(事件等)

なのか判然としませんが、私利私欲のために職に関して不正が

あった(カップのキングの逆位置)と読むことも出来ます。

3枚目のカード

コインの7の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

やはり慎重に取り組んでいくしかない(コインの7の逆位置)と

読もうと思います。

4枚目のカード

カップの10の逆位置

4枚目は、ツイートした人の対策カードになります。

力(権力、財力、地位等)を有効活用したい、すべき(カップの10

の逆位置)と読むことが出来ます。

5枚目のカード

吊られた男の正位置

5枚目のカードは、1枚目のカードで読んだ今まで分からなかった

こと、多くの人が知らないこと(月のカード)の本音部分を

表しています。

自分自身の役割をちゃんとこなしただけ(吊られた男の正位置)

と読むことが出来ます。

6枚目のカード

皇帝の逆位置

6枚目のカードは、ツイートした人の本音部分を表しています。

広めることは、出来ない(皇帝の逆位置)と読むことが出来ます。

言い方を変えれば、信用出来ないと言うことでしょう。

3枚目のカードで慎重に振る舞う、進めるべき(コインの7の

逆位置)とツイートした人は、考えていますが、実は、衝動のままに

(皇帝の逆位置)言いたい(発表したい)のかも知れません。

7枚目のカード

太陽の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

太陽のカードですから、未確認な情報なのでしょう。

衝動のままに言いたいけれども裏が取れていないから言えないのか

(1枚目の月の正位置)、危険だから言えないのか(1枚目の月の正位置)

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

田2に正義が入ると言うことは、忖度がかなり消えたと言うことでしょう。

美しい人にも良い影響があることを期待します。

月のカードが教えであれば、ある程度成り立つ読み方です。

カード的には、ツイートした人にとって未知にことに向かっていきたい

と読めることは、間違いないのです。

カードをどこまで正しく読めているかどうかは、月のカード次第です。

「君に届け」ですから、何かしら期待します。

sponsored link
error: Content is protected !!