綾野剛さんと綾野剛さんを守っていた側のタロット占い

1枚目のカード

塔の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

綾野剛さんの心身を囲っていた何かが破れたと読むことが出来ます。

このタロット占いの中心となる2枚目のカードが、「5」ですから、

その結果、綾野剛さんの意思が漏れると読むことが出来ますが、

この「5」は、コインの5のカードです。

頑張った割には、リターンが少ない可能性もあります。

2枚目のカード

コインの5の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

逆位置ですから、綾野剛さんは、現在の地位を維持することを

難しいと感じていると読みました。

3枚目のカード

ワンドのペイジの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

綾野剛さんは、望むようにならない状況(ワンドのペイジの逆位置)

中で、衝動的な言動を行い易くなる可能性がある(ワンドのペイジの

逆位置)と読むことが出来ます。

問題は、綾野剛さんがどのような言動を衝動的に行うのか?

と言うことでしょう。

このイマジネーション部分に関しては、割愛します。

4枚目のカード

コインの7の正位置

4枚目は、綾野剛さんの対策カードになります。

コインの7のカードですから何かを流通させると

読むことが出来ます。

3枚目のカード解説で書いた衝動的な言動と併せて読むと

ある種の暴露みたいなことになるかも知れません。

コインのカードは、感覚的、実際的であり、「7」は、オープンな

性質がありますから、もっと大きな表現が対策内容になるかも

知れません。

5枚目のカード

コインの4の正位置

5枚目のカードは、意図がどうであれ、綾野剛さんを守っていた側の

本音部分を表しています。

利益を確保するために(コインの4の正位置)に守っていたと

読むことが出来ます。

ルール(業界)は、守らないといけない(コインの4の正位置)と

読むことが出来ます。

6枚目のカード

力の逆位置

6枚目のカードは、綾野剛さんの本音部分を表しています。

このままコントロールされたくない(力の逆位置)と読むことが出来ます。

7枚目のカード

コインのペイジの逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

コインのカードですから実際的な行動と言えますが、ペイジですから

ドキドキしながらだったり、不安な気持ちを抱えながら恐る恐る

綾野剛さんが行動してると読むことが出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

守る側が必ずしも純粋に守っているとは、限らないのかも

知れません。

これは、美しい人のタロット占いでは、ありませんが、

美しい人に関しても同じかも知れません。

守られている側の疲弊がクラックを作るパターンもある

のかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!