香川照之さんのタロット占い

香川照之さんの加害行為があったのは、2019年7月5日

だそうですが、確かに、この時のホロスコープは、香川照之さんの

ネイタルの火星に対してトランジットの土星がコンジャンクション

しています(生まれ時間が分からないので、かなり大雑把です)。

もしかしたら、ネイタルのアングルとも何かあるかも知れません。

ネイタルの火星に対してトランジットの土星がコンジャンクション

する時の運勢は、屈辱を感じるようなことが起き易く、何らかの

フラストレーションを銀座で出してしまったような感じかも知れません。

これは、けっこうありがちなパターンで、サラリーマンならば、

稟議書を出す何度も上司に駄目だしされ、そのフラストレーションを

香川照之さんのような感じで発散する場合もあれば、そういうお店の

ドアにキックして問題になった人もいます。

香川照之さんの現在の運勢は、生まれ時間が分からないレベルで

ホロスコープを見れば、事件当時のような目立ったものは、ありません。

何故、3年後に和解済みの件を週刊誌に書かれたのか、カードを

引いてみました。

1枚目のカード

ワンドの2の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

ワンドの2のカードですから、敢えて事を起こしたい誰かが

存在すると読むことが出来ます。

しかも、このタロット占いの中心となる2枚目のカードが「7」

ですから、単な嫌がらせではなく、目的が明確であると

読むことが出来ます。

2枚目のカード

カップの7の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカード解説で、このカップの7のカードを目標が

明確になっていると読みました。

カップのカードですから、繋がりのある誰かの為に動いている

可能性があります。

カップの7のカードの正位置ですが、これが何らかのビジネス目的

であれば、良い計画ではないと読むことが出来ます。

sponsored link



3枚目のカード

ワンドの4の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

今回のタロット占いは、香川照之さんの件を読んでいますが、

占いの主体は、示談済みの件を掘り起こした側を主体に読んで

いますから、このワンドの4の正位置は、仕事が上手くいった

と読むことが出来ます。

香川照之さんも事実だと認めていますし、これから発生する

であろう香川照之さん側の違約金等を含めて想定した通りに

なっていく(ワンドの4の正位置)と言うことでしょう。

4枚目のカード

コインのペイジの逆位置

4枚目は、示談済みの件を掘り起こした側の対策カードになります。

計算通り(コインのペイジの逆位置)と読むことが出来ます。

損得で動くことに何らかの意味や理由があってのことでしょうから、

それに対して対策内容というものは、必要はないでしょう。

しっかりと計算することが大切と言うことでしょう。

5枚目のカード

死に神の逆位置

5枚目のカードは、香川照之さんの本音部分を表しています。

もうどうにもならないだろう(死に神の逆位置)と読むことが出来ます。

望むような展開には、持っていけない(死に神の逆位置)と読みました。

6枚目のカード

カップの3の正位置

6枚目のカードは、示談済みの件を掘り起こした側の本音部分を

表しています。

成功して嬉しい(カップの3の正位置)と読むことが出来ます。

7枚目のカード

カップの6の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

成功した(カップの6の正位置)ですが、カップのカードですから、

やはり、何らかの仲間が今回の件を計画したと読むことが出来ます。

香川照之さんが2019年に行ったことを利用して何らかの目的を

達成しようとしたと言うことでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!