美しい人と同じように冷遇期間を使った真相の隠し方された人のタロット占い

あるタロット占いの続きタロットなので、カード解説だけだと

中身が飛んでいる感じがすると思います。

結論だけを読みたい方は、今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

を先に読んで下さい。

1枚目のカード

塔の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

塔のカードですから、塔の外壁が壊れて、何かが飛び出して来た

(このタロット占いの中心となる2枚目の5)と読むことが出来ます。

塔のカードの逆位置ですから、何らかの片付けとも読むことが出来ます。

2枚目のカード

カップの5の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目の塔の逆位置を何らかの片付けと読みましたから、このカップの

5のカードは、裏切りや悲しい出来事、喪失感が飛び出して来た

と読むことが出来ます。

問題は、いったい何の片付けで、どのような悲しい出来事なのか?

と言うことでしょう。

更に、裏切り(カップの5の逆位置)を誰が片付けたのか?

と読むことが出来ます。

今回のタロット占いの主体は、何らかの裏切りを(カップの5の

逆位置)片付けた側にあります。

そして片付けしたことが見えない(3枚目のコインのキングの逆位置)、

もっと言えば、こっそりと片付けした(コインのキングの逆位置)

と読むことが出来ます。

3枚目のカード

コインのキングの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

片付け側は、結果(2枚目のカード解説に書いた、いったい何の

片付けで、どのような悲しい出来事なのか?と言うことでしょう。

更に、裏切りを誰が片付けたのか?)に目を向けさせない(コインの

キングの逆位置)と読むことが出来ます。

4枚目のカード

ワンドの1の正位置

4枚目は、何らかの裏切りを片付けた誰か側の対策カードになります。

目立つ存在を負かすこと(ワンドの1の逆位置)と読むことが出来ます。

イマジネーションに沿って言語化すれば、消去することと読めます。

5枚目のカード

正義の正位置

5枚目のカードは、スタア側の深層心理を表しています。

対象は、ともかくも正しいルールに沿ってことを進めたい(正義の正位置)

と読みました。

6枚目のカード

カップの7の逆位置

6枚目のカードは、何らかの裏切りを片付けた誰か側の本音部分

を表しています。

様々な隙を上手く縫うように行動していく(カップの7の逆位置)

と読むことが出来ます。

7枚目のカード

節制の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

1枚目の塔の外壁が壊れた結果、何かが再生したと読むことが出来ます。

再生することで、何らかの裏切りを片付けた誰か側にとって都合の良い

状況が回復した(節制の逆位置)と読むことが出来ます。

節制のカードの逆位置は、意味が反対になることは、ほとんどなく、

移し替えが雑になるようなことがほとんどです。

このタロット占いの中心となる2枚目と節制のカードを併せて読むと

何らかの裏切りを誰が片付けた側が作り出した美しい人やその仲間の

喪失感を上手く器を変えて再生した(節制のカード)と読むことが出来ます。

しかし逆位置ですから、移し替えた中身がこぼれたと言うことでしょう。

sponsored link



今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

何らかの裏切りを片付けた誰か側の仕組みにサイ夫が加担していると

読みました。

美しい人のタロット占いで最後の片付けにサイ夫が加わっていたと

読んできましたが、素田亜に関しても同じ手法が取られていたと

読みました。

割とはっきりと言語化したカードの続きタロットなのでリンクは、

張りませんが、美しい人のブラックボックス(魔術師の逆位置)の手法が

素田亜にも使われていたとよみました。

このブラックボックスの運用方法を指南する(繋げる)存在は、

節制のカードですから、繋がっていると読むことが出来ます。

しかし素田亜は、既婚者ですから、美しい人のように強引に引っ越しさせ、

それを誰かに正当化させるのは、不可能ですから、今回のカードは、

身内がブラックボックスの運用方法を指南する(繋げる)存在と仲間

だったと読みました。

今までは、関係性について100パーセントだと読んでいただけで

仲間までは、読めませんでした。

何故、仲間と読むことが出来るのか?

節制のカードの移し替えは、美しい人の冷遇期間のように、かなり

時間を要するからです。

言い方を変えれば、素田亜もかなり早い段階で対象者に選定

されていたことになります。

しかし、穴優希と同じで実質的な交際から素田亜が亡くなるまでの

期間がかなり短いのです。

だから逆位置(雑)なのでしょう。

そしてここにも教えとそれと仲良しな勢力が繋がっていて真実に対して

忖度が壁になっていますから、最低限の仕組み(節制のカードの逆位置)

で構わないという読み方も出来ます。

まるでマニュアル本が存在するような気がします。

しかし、しっかりとしたノウハウが既に確立されているのでしょう。

消すことの実務の運用に加わったメンバーは、限られていると読みました。

sponsored link
error: Content is protected !!