何故、美しい人の718に対して拍手が起こったのか?

1枚目のカード

カップの5の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

美しい人は、集金能力を期待されていたのに、それに対して

美しい人を消した側は、裏切られた(カップの5の逆位置)と読みました。

「5」ですから、美しい人も美しい人を消した側にとっても、主張を

することで何らかの意識空間が発生したと読むことが出来ます。

2枚目のカード

ワンドの4の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

美しい人にしても美しい人を消した側にしても完全な仕事を

行うことで(ワンドの4の正位置)1枚目のカードで読んだ

「主張することで生まれる意識空間」を安定させ、尚且つ

より大きな流れに繋げていくことが目的だったと読むことが

出来ます。

3枚目のカード

ワンドのナイトの正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

美しい人も美しい人を消した側にしても2枚目のカードで

読んだ目的を達成するためにチャンスを得る言動を重ねた

(ワンドのナイトの正位置)と読むことが出来ます。

4枚目のカード

コインの3の逆位置

4枚目は、美しい人の対策カードになります。

美しい人を消した側にとっては、利益を優先する必要がある

(コインの3の逆位置)と読むことが出来ます。

普通のタロット占いであれば、均衡感覚を基本に対策内容を

読みますが、消した側は、そんな必要はないでしょう。

そのまま利益優先であることが対策内容と読みました。

美しい人にとっては、個人的な能力を伸ばして立場を安定

させていく(コインの3の逆位置)ことが対策内容になります。

5枚目のカード

皇帝の正位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

成功したい(皇帝のカード)と読みました。

6枚目のカード

ソードの3の逆位置

6枚目のカードは、美しい人を消した側の本音部分を表しています。

より大きな存在から見捨てられることを懸念している(ソードの3の

逆位置)と読みました。

7枚目のカード

力の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

このタロット占いの中心となる2枚目と併せて読むと美しい人を

消した側は、与えられた枠組みの中で変革(力の正位置)を行おうと

していると読むことが出来ます。

問題は、与えられた枠組みです。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

今回のカードの他に同時に2セット用意しています(アップしません)。

美しい人を消した側に与えられた枠組みのイマジネーション部分を

簡単に表現すると美しい人が愛した国の解体だと読みました。

単なる不都合な情報程度ではなく著書に表れるような美しい人の

精神性が非常に不愉快なものとして受け取られたと読みました。

美しい人が愛した国を解体したいのに、求心力を高めるような資質を

持った美しい人は、目障りだったと読みました。

もちろん、素田亜に対する対策内容が読めて来るとバイバイ絡みの

情報も共有していたと読みましたが、美しい人に対しては、更に

特別な気分が働いていたのでしょう。

最終的に美しい人が愛した国自体がどこかに吸収される予定だと

読みました。

sponsored link
error: Content is protected !!