一連の経緯の公表の中身は、もう一つのPV(MV)なのか?(美しい人のタロット占い)

1枚目のカード

ソードの9の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

中身が整って来た(ソードの9の正位置)と読むことが出来ます。

その結果、それで満足感を得るチャンスがやって来た(カップの10の

カード)と読むことが出来ます。

2枚目のカード

カップの10の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

しかし逆位置ですから、何かが無駄に扱われたことを意味しています。

しかし、「9」から「10」ですから、中身を形にして活かす機会が

訪れたはずなのです。

3枚目のカード

コインのクイーンの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

コインのクイーンの逆位置ですから、今回のタロット占いの主張を

行った人物にとっては、かなりエネルギーを注いだ可能性があります。

4枚目のカード

ワンドの2の逆位置

4枚目は、今回のタロット占いの主張を行った人物の対策カードになります。

争ってでも主張するワンドの2のカードですから、波風を立てますが、

逆位置ですから、美しい人を好きな人たちを使った(ワンドの2の逆位置)

と読むことが出来ます。

対策内容としては、持っている切り札やパワー、カードを使った

と読むことが出来ます。

それらが、もう一つのMVと言うことかも知れません。

5枚目のカード

ワンドのナイトの正位置

5枚目のカードは、今回のタロット占いの主張を行った人物に迫られた側の

本音部分を表しています。

MVに関しては、積極的にコミットした(ワンドのナイトの正位置)

と読みました。

6枚目のカード

ソードの4の正位置

6枚目のカードは、今回のタロット占いの主張を行った人物の本音部分

を表しています。

気持ちを楽にしたい(ソードの4の正位置)と読みました。

罪の意識でしょうか?

7枚目のカード

ワンドの10の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

今回のタロット占いの主張を行った人物は、こだわりがあった

(ワンドの10の逆位置)と読むことが出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

従うしかないのは、今回のタロット占いの主張を行った人物が

脅した相手が、教えを恐れるからであって、今回のタロット占いの

主張を行った人物が怖いからではないと言うことになります。

このように読めば、最初のカードと繋がっていきます。

最初のタロットで読んだ存在が教えのトップでなければ、

あり得ないようなカードです。

今回もソードのクイーンの言語化の賜物ですね。

ですから急な対応に対して借りが出来れば、何らかのご褒美が

発生してもおかしくは、ないはずです。

sponsored link
error: Content is protected !!