チケットを裏で流しているのか?(ふんわりとタロット占い)

1枚目のカード

ワンドの8の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

ワンドの8のカードですから、意思を蓄積していた(ワンドの8の

カード)と読むことが出来ます。

ワンドの8のカードですから、驚くような知らせを含んでいる

と読むことが出来ます。

2枚目のカード

カップの5の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

このカップの5のカードは、普通に読んでも1枚目のワンドの8の

カードの正位置で蓄積された意思は、全てが停滞したと読むことが

出来ます。

蓄積された意思(1枚目のワンドの8の正位置)が、表面化した

(カップの5の正位置)と読むことが出来ます。

カップのカードですから、気持ちの問題なのでしょう。

3枚目のカード

カップの3の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

それでも受け身になることは、許されない(カップの3のカード)

と読むことが出来ます。

カップの3のカードが逆位置ですから、仲間内で期待されたことを

成功させるために多大なエネルギーを使うと読むことが出来ます。

エネルギーと書きましたが、一般的には、様々な経費がかなり

かかると読みます。

4枚目のカード

正義の逆位置

4枚目は、チケットを販売する側の対策カードになります。

正義のカードは、天秤と剣を持ったカードデザインです。

このタロット占いえ言えば、チケットを販売する側の利益と経費の

バランスを真剣に考え決定する(正義のカード)と読むことが出来ます。

この正義のカードは、逆位置ですから、利益と経費のバランスについて

大きな妥協が必要と言うことになります。

何らかの妥協(経費を沢山使う)をすることが対策内容となります。

5枚目のカード

運命の輪の逆位置

5枚目のカードは、チケットの販売を任された側の本音部分を表しています。

上手くいくはずがない(運命の輪の逆位置)と読むことが出来ます。

6枚目のカード

皇帝の逆位置

6枚目のカードは、チケットを販売する側の本音部分を表しています。

頑張っても成果が出なくてイライラしている(皇帝の逆位置)と

読むことが出来ます。

7枚目のカード

ソードの4の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ソードの4のカードの逆位置ですから、販売を任された側の対策が

無くなると読むことが出来ます。

「4」のカードですから、ソードのカード(ワンド、カップ、コイン

ではない範囲)で安定させようとしますが、無理と読むことが出来ます。

ソードですから、情報をコントロールして状況を安定させようとする

と読むことが出来ます。

sponsored link
error: Content is protected !!