気持ち悪い演出の意図と美しい人を消すフローチャートの最後に必要な人物(再掲)

今回のタロット占いの主体は、

美しい人は、誰かのご褒美ではなく正当な報酬

という記事のタロット占いの主体と同じです。

1枚目のカード

月の逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機になります。

何らかの手段を使って普段であれば、今回の主役の人物が

使うことのない方法をリサーチしています。

2枚目のカード

カップの4の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

それなりに上り詰めてもぬぐえない隠された不安を抱えていると

読むことが出来ます。

3枚目のカード

ソードの5の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

2枚目のカードの不安は、誰かを騙して得ていたお金(ソードの5の

逆位置)が発覚することだと読みました。

これが個人的ものなのか、注射器なのかはまた別の話です。

しかし美しい人の周囲を引き剥がすためにけっこうな量が

必要だったでしょう。

そのようなものを賄っていたものでもあるはずです。

4枚目のカード

審判の逆位置

4枚目のカードは、このタロット占いの主体の対策カードになります。

審判のカードは、願いを叶えるために必要なものを取り出すことを

意味するものです。

このタロット占いの主体は、普通では考えられない様々なものを

ここから取り出しました。

これが謎が謎を呼ぶような印象を作ったとも言えます。

もちろん、実際に影響を与えているのでしょう。

しかし種を明かせばマジックみたいなものです。

何故ならこの主体の利益に関わっているからです。

しかし逆位置ですから今回のタロット占い主体は、自分自身ある状況、

状態、条件が通りません。

これを通すためには、代わりの誰かを用意しなくては願いが

叶わないことになります。

代理を作ってでも何とかせねばならなかった理由は、絶対に許せない

相手がいたから(審判の逆位置)ということでしょう。

大アルカナのカードは、小アルカナと違って意味が分けられていないので

その大アルカナのカード全体が意味を持ちます。

5枚目のカード

ワンドのキングの正位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

これは仕事に対する強いプライドだけでなく人生全般に対する

前向きなモチベーションでしょう。

ここからは、美しい人の深層心理ではありませんが、文章を

離すと意味が取り難くなるので5枚目のカードに書いておきます。

公開消滅の最終目的は、別にして大きな目的は、美しい人から

完全にプライドを剥ぎ取ることです。

美しい人の周囲を1枚また1枚と薄皮を剥ぐようにむしった

だけではなく美しい人のプライドまで完全に剥いでしまい

たかったのです。

これが気持ち悪い演出の意図です。

6枚目のカード

ワンドの9の正位置

このタロット占いの主体の本音部分を表しています。

周囲を削ぎ落とすところから最初から最後に美しい人の職業としての

プライドや人間としてのプライドや尊厳を削ぐまで、この主体が

指揮した(ワンドの9の正位置)ということです。

ここまで読めば、対策カードで審判の逆位置が表したこの主体の

代理の意味が分かります。

最後の最後まで目的をやり抜く時(ワンドの9の正位置)に、どうしても

そのポジションが必要だったのですが手に入れる条件を

持っていなかったので(審判の逆位置)言うことを聞きそうな

代理が必要だったのです。

何故、そう決めつけることが出来るのか?と思われる方も

いらっしゃるでしょうが、この主体は、これまでのタロット占いを

全て振り返らなくてもリンク記事で裏からコントロールするのが

常套手段と理解出来るからです。

二人羽織みたいなことか、ひそひそ女将みたいなことをする必要が

あったのでしょう。

7枚目のカード

カップの6の正位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

このタロット占いの主体は、結果に満足している読めます。

カップの6の正位置ですから、このフローチャートを理解している

本当の仲間と祝杯を上げていると読むことが出来ます。

カップの6の正位置は、喜びの分かち合いです。

あまり知らない関係者まで招待するようなパーティーではなく

親睦会と言った感じになります。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

組織の中で最も二人羽織みたいなことか、ひそひそ女将みたいなことが

出来そうな人物ということが選択の基準だったようです。

しかし馬鹿を演じられる人は、案外賢いものです。

あの人ですよね。

sponsored link
error: Content is protected !!