新宿の○○店関係者の衣服と美しい人のタロット占い

1枚目のカード

コインの3の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

何らかの成果を出そうとしていた(コインの3の正位置)と

読むことが出来ます。

しかし、このタロット占いの中心となる2枚目のカードは、死に神の

カードですから、何らかの不要なものを排除する力が働いていた

という流れになっていきます。

もちろん、生産性を上げる(コインの3の正位置)ための断捨離、

整理整頓です。

2枚目のカード

死に神の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

何らかの利益を増やすための整理整頓で、新宿の○○店関係者の衣服に

関することで調べられていた人物が有耶無耶になったわけですから、

この何らかの利益(1枚目のコインの3の正位置)は、美しい人を

消した側の利益と読むことが出来ます。

3枚目のカード

力の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

このタロット占いの中心となる2枚目の死に神のカードでいったん

何かが停止したと読むことが出来ます。

死に神のカードは、それまでの流れを止めることで、より良い

状態に持っていこうとします。

力のカードは、改革を意味しますから、それまでの流れと180度

反対になります。

つまり、新宿の○○店関係者の衣服の件の人物を調べることは、

中止されたと言うことになります。

やはり美しい人に関する捜査は、ある段階でストップがかかった

と読むことが出来ます。

それまで調べていた人たちは、その作業を止めて他の仕事に

取り掛かる(2枚目の死に神のカード)と言うことでしょう。

sponsored link



4枚目のカード

ワンドのキングの逆位置

4枚目は、調べていた人たちの対策カードになります。

動くことが出来ずに苛立った(ワンドのキングの逆位置)と

読むことが出来ます。

対策内容としては、指示に従うことでしょう。

少なくとも感情的に動くと大変なことになります。

ワンドのキングのカードの意思をカウンターで受けるわけ

ですから、かなりの事態に陥ると読むことが出来ます。

5枚目のカード

カップの6の逆位置

5枚目のカードは、調べることを止めた存在の本音部分を

表しています。

何かに依存している(カップの6の逆位置)と読むことが出来ます。

つまり依存している対象を頼りにしている(カップの6の逆位置)

と言うことでしょう。

依存している対象は、「闇の中で呼吸するように上下運動している

何か」と言うことでしょう。

6枚目のカード

ワンドの2の正位置

6枚目のカードは、調べていた人たちの本音部分を表しています。

今の状況を変えたい(ワンドの2の正位置)、つまり納得出来ない

と言うことでしょう。

7枚目のカード

ワンドのペイジの逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

忖度レベルではなく、美しい人が愛した国の正義が私物化されている

(ワンドのペイジの逆位置)と読むことが出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

7枚目のカード解説の状況が、美しい人が見せて来た頃から、

ずっと続いていたと言うことなのでしょう。

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」にとっては、

美しい人に関することは、些細なことだと読みました。

言い方を変えれば、このような仕組みのために動く、絶対に

捕まえることが出来ない人たちが、かなり数存在すると

言うことでしょう。

このタロット占いの中心となる2枚目のカードが真に意味するものは、

このような具体的な清掃活動を行う存在が、「闇の中で呼吸するように

上下運動している何か」の意思と一般的に信じられている日常との

調整を行っていると言うことでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!