今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

消した側の様々な取り引きに対する稟議書が残っているのか、

カードを引いてみました。

1枚目のカード

カップの6の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

「6」ですから気になることだけと結び付いた状態です。

カップですから、特に気に入ったこと、仲良し、悪く言えば、

ずぶずぶな感じになります。

どのような関係であっても、しっかりと繋がっている状態と

読むことが出来ます。

2枚目のカード

カップのクイーンの正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

このカップのクイーンのカードは、どんなことでも目を瞑るという

消極的な受容ではなく、正位置ですから、自然に肯定すると

読みました。

カップのクイーンのカード自体に、そのようなネガティブな

意味合いがあるのではなく、目的のためなら、細かいことを

言わない清濁併せ飲むという、カップのクイーンの正位置の

持つ高い受容性が、発揮されているという意味です。

目的(問いを立てた内容)に対して小賢しい正義を振り回さずに

受容するのが、カップのクイーンのカードの正位置です。

3枚目のカード

運命の輪の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

状況が良くなっていった(運命の輪の正位置)と読むことが出来ます。

今回の問いは、現在進行形ですから、これからも、この関係性

(1枚目のカップの6の正位置)は、良くなっていくと読むことが

出来ます。

4枚目のカード

カップの2の正位置

4枚目は、消した側の対策カードになります。

対策内容としては、単なる仕事の取引ではなく、業務提携

(カップの2の正位置)と言うことになりますが、1枚目から

3枚目のカードを一言で言えば、まさに業務提携でしょう。

sponsored link



5枚目のカード

ソードの2の逆位置

5枚目のカードは、消した側の提携先の本音部分を表しています。

表向きは、大人しくしていたい(ソードの2の逆位置)とも読めますし、

言い方を変えれば、こちらサイドで表立ったことをすることは、

出来ない(ソードの2の逆位置)と言うことも出来ます。

ある種のリスク管理であり、餅屋餅屋と言うことでしょう。

6枚目のカード

ワンドの2の逆位置

6枚目のカードは、消した側の本音部分を表しています。

興味深いカードです。

提携先(この表現が適切かどうかは、ともかく)は、リスクを

負うことにリスクや葛藤がある(ソードの2の逆位置)ですが、

こちらは、危険を承知で利益を狙う(ワンドの2の逆位置)です。

ワンドのカードは、自らことを起こします。

つまり消した側が提携先の何らかのリスクを処理して利益を

得ると言うことでしょう。

7枚目のカード

死に神の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

過去のカード、動機のカードである1枚目のカードは、

カップの6の正位置ですから、提携することで必要なものと

不必要なものを分けていると読むことが出来ます。

子供の約束ではなく、様々な契約が大なり小なりあるでしょうから

何らかの帳簿は、あると読む方が自然でしょう。

これだけだと鶴の一声の可能性もありますが、今回のカードは、

しっかりと業務提携(繰り返される取り引き)と読めるので稟議書が

使われている可能性が高いでしょう。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

美しい人が愛した国で錬金術を行うプロは、🐶・・と

コンジャンクションしている状態になっていますが、

消した側も🐶・・とコンジャンクションです。

そもそもの問題として生前から、そのような資金の中継地点

としての機能があり、それが更に強化されていると読みました。

関係性が深まるほどに(カップの6の正位置)不要なものを省く

仕組みが明確になっていく(死に神の正位置)と読むことが出来ます。

美しい人を全力でプッシュすれば、現実の何倍も稼げたはずなのに

それをしなかったということは、この業務提携の中で美しい人は、

不要と判断されていたと言うことでしょう。

だから消すことにも業務提携先が協力したと読むと、これまでの

カードと綺麗に繋がっていきます。

sponsored link
error: Content is protected !!