美しい人が追い詰められた理由とセーフ関係者の接触のタロット占い

セーフ関係者は、美しい人に接触したのか?という問いで

カードを引きましたが、意外な展開になりました。

1枚目のカード

ワンドの6の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

美しい人を主体に読むと挑戦する気がない(ワンドの6の逆位置)

と読むことが出来ます。

何故、挑戦する気がないかは、様々な理由(解説)があります。

ワンドのカードのですから、挑戦と読みましたが、「6」は、

相手との違いを否定して仲良くなることです。

ですから美しい人は、セーフと組んで何かに挑戦することに

興味がなかったと読むことが出来ます。

このタロット占いの問題は、美しい人は、やる気がないのに

何かが始まった(このタロット占いの中心となる2枚目が

魔術師の正位置)と読むことが出来ます。

何が始まったのかは、別にして、仲良くなる気がない相手を

見つけたと読むことが出来ます。

2枚目のカード

魔術師の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

3枚目のカップの3のカードを併せて読むと、美しい人は、

仲良くなれる相手を探し始めたと読むことが出来ます。

この相手に関して連続不審死の方々と読みたくなりますが、

そうではなく独立する先、辞めた後に美しい人を受け入れて

くれる先(カップの3の正位置)を探し始めたと読みました。

3枚目のカード

カップの3の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

このカップの3の正位置は、2枚目のカード解説に書いたように、

受け入れ先や美しい人が飛び込んでみたい環境(カップの3の正位置)

と読むことが出来ます。

「3」ですから、かなり試行錯誤したと読むことが出来ます。

もしかしたら海外だけではなく、美しい人が愛した国でも受け入れて

くれる先を探したかも知れません。

それがないから海外がメインになった可能性もあります。

何故なら、1枚目のカード解説で書いたように仲良くなる気が

無い相手を見つけたと読むことが出来るからです。

この発見は、美しい人が愛した国の中でのことと読むのが普通です。

4枚目のカード

戦車の正位置

4枚目は、美しい人の対策カードになります。

チャレンジする姿勢を大切にすること(戦車の正位置)と読むことが

出来ます。

5枚目のカード

審判の正位置

5枚目のカードは、本音部分を表しています。

美しい人たちの存在を活かしたい(審判の正位置)と読むことが

出来ます。

6枚目のカード

ソードのキングの正位置

6枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

美しい人は、自分自身の仕事に強烈なプライドがあった

(ソードのキングの正位置)と読むことが出来ます。

7枚目のカード

ソードのクイーンの逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

美しい人は、夢を叶えるために手段を選ばなかった(ソードの

クイーンの逆位置)と読むことが出来ます。

これが、新聞社への情報供与のタロット占いに繋がっていく

のかも知れません。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

カードを読んでいて、1枚目のカードがワンドの6の逆位置

だったので、問いの流れが二通りに分かれてしまいました。

そして対策カードが戦車のカードです。

二者択一、どちらかが採用されて白黒つけると読むことが

出来ます。

だとすると町内会長等のしがらみで、何らかの立場を

美しい人に対してセーフ関係者が強要したとしら、美しい人は、

白黒つけないといけないような対策(4枚目の戦車の正位置)

になったかも知れません。

かなり意外な展開で驚きました。

sponsored link
error: Content is protected !!