三浦春馬さんの時系列が繋がらない理由とワンドの7のカード

タロットカードを使って三浦春馬さんとスピリチュアルな

対話をした時にワンドの7のカードが出て来た場合に

付いて書いています。

#速報が流れた時間とカップの5のカードの正位置と逆位置が表す人物

のイマジネーションとも繋がっています。

ワンドのカードは、自分らしく生きるための戦いと言った

側面があります。

実際に戦うのではなく自分らしさをキープし続けるという

「7」の性質上、一定以上のテンションをキープしないと

いけません。

理由は何であれ、これがキープ出来なければ自分らしさを

失います。

言い方を変えればどんな困難の中にあっても自分自身の

立ち位置(自分らしさ)を維持することが出来れば

走り続けることが出来るとも言えます。

生き続けることが出来ると言えます。

「いつまで、どこまで走れば救われるのか」と考える

ようになれば負けるでしょう。

常にそのようなリスクと消耗を感じていることを

表すカードでもあります。

ですからワンドの7のカードが出ている間は、気力で

走り続ける必要があります。

どうやって気力をひねり出すかがポイントになります。

そのためには、「敵」を認識したり、設定することが

手っ取り早いことですが、基本的に人を信じて生きる

三浦春馬さんにとっては、イジメる相手を設定してでも

盛り上がっていこうとする性質は、理解不能でしょう。

意味不明な相手と対峙した時に「面白い奴らだ」と思って

高揚感を感じてワクワクするようなちょっとサイコパスな

感覚は、まるでなかったでしょう。

気力をずっと維持し続けるためには、どこかで不安定な状態に

慣れ親しむと言うか、普通ではない感覚になる必要があります。

言わばかなり何でもありのルール意識に変わっていきます。

かなり何でもありと言うのは、少し変ですが、自分自身の

戦い方(走り方)に関しては、一般的なルール以外も許容する

という感じになります。

このような戦い方、走り方のセンスは、人それぞれですが、

ワンドの7のカードが出て来たということは、三浦春馬さん

なりの戦い方(一生懸命に仕事をする等)をされていた場面を

伝えて来ていると言えます。

sponsored link



それと同時に何が何でも勝とうとするのは、三浦春馬さんを

ターゲットにしていた存在も同じでしょう。

三浦春馬さんが裁判所に改名手続きをしたり、目の前の仕事を

一生懸命にすることに比べたらはるかに用意周到で、それぞれの

役割を担った者が様々な仕掛けをしたことでしょう。

ところが参加人数が多過ぎたのかも知れません。

何人かの意図が別々に働いたのかも知れません。

ワンドの7のカードが出た時点で三浦春馬さんにとっても

相手方にとっても疲れは、出ています。

何か一つでもネジが不足すると上手くいかなくなるのは、

どちらも同じです。

三浦春馬さんは、亡くなる直前まで三浦春馬さんらしく

働いていました。

カネ恋以外の仕事もあったようですが、このカードを

見ていて直ぐに当たりがきました。

もう一つの仕事が何だったのか分かりません。

それは三浦春馬さんをどこかに引っ張り出すフェイクだった

可能性があります。

そう感じました。

ワンドの7のカードが出て来る時は、用心深さも出て来ます。

どこかで疑心暗鬼なのです。

戦っているのですから当然です。

前述のように三浦春馬さんが戦いにおいて選択する手段は、

とてもクリーンです。

相手は、三浦春馬さんの責任感覚も熟知しているでしょう。

仕事を口実に呼び出すことは、容易いでしょう。

三浦春馬さんも独立前の最後の仕事のつもりで誰かと

電話をしたかも知れません。

打ち合わせのつもりで。

自死で片付くには、部屋が荒れているなんて論外ですから

どこかで他所で、三浦春馬さんが発見される以外の場所で

三浦春馬さんが亡くなる必要があります。

部外者の証人(管理人)も伴っていく必要があります。

様々な段取りを異なる人間が連携する必要があるのです。

何でもありの範囲が広いと言っても全てが表に出せる

わけではありません。

仕事に来ない三浦春馬さんをマネージャーが心配して

管理人さんに開けてもらい三浦春馬さんの遺体を

発見してもらう必要があります。

このように段取りが分かれる以上、三浦春馬さんの○○は、

別の場所で行われる必要がありますから7月17日の

可能性も浮上して来るのです。

ワンドの7のカードの「7」は、大アルカナであれば戦車で

精神的価値が何であれそれを実現させるためには字の如く

物理的に走り続ける必要があります。

その走り続けた全てが正しい時系列ですが、それではまずいのです。

まずい部分を削除して時系列を作り直していくとどこかで

矛盾が生じてしまいます。

何よりも正しい亡くなった時間が判明したら絶対に駄目です。

そう言った意味でもさっさと火葬しないと安心出来ないでしょう。

連携に次ぐ連携です。

「7」の走り回る性質とワンドの価値を実現する戦いを意味する

ワンドの7のカードを見つめて得た霊能的イマジネーションです。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!