再掲だけど、重要、16日が真相解明のクラックか?

1月16日の再掲記事です。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ、で、

7枚中4枚も「7」のカードです。

それらは、全て小アルカナであり、言い方を変えれば、

四元素揃っています。

「7」は、自由度が高く流通します。

と書きましたが、「7」のカードを語ってくれるのは、

取り敢えず薔薇のようです。

リンク記事で薔薇が何を語っているか読むことが出来ます。

1枚目のカード

隠者の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

後で気が向いたら加筆しますが、最小限のカード解説で書いていきます。

1枚目と2枚目のカードを併せて読むと、真相解明に対しての

アプローチに対して何の制限があるわけではなく、隠者のカードの

ように地位に関係なく真相に対して本能的に求めていくことが

正解(隠者のカードの正位置)と言えますが、そのような自由度の

高い状態から真相に臨んで白黒つける「7」は、ワンドのカードの

逆位置ですから、なかなか関係各所の協力が得られないと

読むことが出来ます。

2枚目のカード

ワンドの7の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ワンドの7のカードが正位置であれば、何とか突破していけるかも

知れませんが、逆位置です。

しかし、3枚目のカードは、運命の輪の正位置です。

あれ?と言ったような感じになります。

目標に向かって努力することで何らかの成果を得ることが

出来ると読むことが出来ます。

では、このワンドの7のカード(積極的な頑張り)に対する逆位置は、

何か?と言えば、何らかの制約から生じる滞る状態でしょう。

言い方を変えれば、その一つが16日だと読むことが出来ます。

3枚目のカード

運命の輪の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

16日に何らかのチャンスがあると読むことが出来ます。

4枚目のカード

カップの3の逆位置

4枚目は、対策カードになります。

カップの3の逆位置は、周囲(取引サイド)に望み過ぎる誰かと

読みました。

恐らく、ここが大きなクラックの一つでしょう。

5枚目のカード

コインの7の正位置

5枚目のカードは、本音部分を表しています。

真相を流通させる通り道(パイプ)になる可能性があると感じている

と読みました。

過剰に要求するからです。

ここのカードの読み方は、続きタロットですが、リンクは、張りません。

占いですから、伝わる分だけ伝われば良いと思います。

6枚目のカード

ソードの7の正位置

6枚目のカードは、クラックに相当する存在の本音部分を表しています。

今のおねだり状態が維持出来るか心配(ソードの7の正位置)と読みました。

自分自身でもどこまで要求して良いのか、分からなくなっている

(ソードの7の正位置)のかも知れません。

7枚目のカード

カップの7の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

この利益には、不正な部分がある(カップの7の逆位置)と

読むことが出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

7枚中4枚も「7」のカードです。

それらは、全て小アルカナであり、言い方を変えれば、

四元素揃っています。

「7」は、自由度が高く流通します。

16日は、漏れやすいのでしょう。

本当は、このようなカードは、徹底的に読むともっと何かあります。

しかし眠いので、後日、同じ、カードを読み直そうと思います。

何故、間隔を開けるのかと言うと、16日にも、討論番組以外の

要素が当然、あるからです。

ありますよね、10とか、それらをコツコツと読んでみます。

sponsored link
error: Content is protected !!