ストロベリーアイスが運んだ16日から18日のkgと美しい人

数時間の意味を読んでみました。

ストロベリーアイスが運んだという流れでしょう。

1枚目のカード

カップのペイジの正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

kgは、仲間との調和のために動いたと読むことが出来ます。

言い方を変えれば、kgは、誰かの機嫌を損ねたくなかった

(カップのペイジの逆位置)と読むことが出来ます。

2枚目のカード

コインの7の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

kgは、何らかの目的を達成しなければなかった(コインの7の

正位置)と読むことが出来ますが、それに対して客観的に

評価している状態(コインの7の正位置)です。

コインのカードは、当たり前ですが、ワンドでもカップでも、

ソードでもありませんから、あくまでも客観的、具体的な

基準で目的の達成具合を図ります。

目標の基準に対して、どうだったかは、ウエイト版を

使っているのか、マルセイユ版を使っているかで、

読み方が異なるかも知れませんが、3枚目のカードと

併せて読むと、kgは、事態を転換させる必要があった

(節制の正位置)と読むことが出来ます。

3枚目のカード

節制の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

節制の正位置ですから、kgが取り組んだ物事は、順調に

片付いたと読むことが出来ます。

結果的に美しい人は、亡くなってしまったのですから、kgが

事態の転換のために動いた結果、美しい人が亡くなったと

読むことも出来ます。

もっと言えば、kgが事態の転換に動いた結果、数時間後に

美しい人が亡くなったということなります。

まだ、今回のタロット占いの結論では、ありませんが、

kgが現場にいたとも読めますし、美しい人が数時間後に

亡くなる状態になるために手を貸したと読むことが出来ます。

sponsored link



4枚目のカード

悪魔の逆位置

4枚目は、kgの対策カードになります。

悪魔のカードの逆位置ですから、kgの正しくない行為は、

明るみになれば、まずい内容だったと読むことが出来ます。

対策内容は、隠し通すか、正直に告白するか、どちらかですが、

選択は、自由でしょう。

5枚目のカード

コイン2の正位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

コインのカード(土の元素)だけが交互に運動している状態が

コインの2の正位置の本質です。

精神と身体が二つの要素であり、それが正位置の状態で

交互運動(2)する状態を「楽しい」と言語化することが、

多いのですが、このタロット占いの問いの場面での美しい人の

意識が交互運動するとしたら、朦朧としていた(コインの2の

正位置)ということでしょう。

朦朧とした意識が苦しまずに痛みが軽減されるような処置が

されたならば、コインの2の正位置は、あり得るかもしれません。

それをある種の思いやりとしてkgが対応した可能性がある

かも知れません。

6枚目のカード

ソードの6の逆位置

6枚目のカードは、kgの本音部分を表しています。

ソードの6の逆位置を、ある種の後悔と読めば、「数時間

巻き戻せたら」も理解出来るかも知れません。

ソードの6の逆位置を妥協して成功しなくて良い、言い方を

変えれば、そのままで良い、つまり、美しい人を放置したと

読むことが出来ます。

kgが意識を失った美しい人を放置したことで、美しい人が

亡くなったと言うことになります。

7枚目のカード

カップのキングの正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

キングのカードは、どのスートであれ、コントロールする者ですが、

カップのキングは、ソードのキングのように決断しませんし、

ワンドのキングのように新しいアイデアを生み出したりもしません。

ただ見ていた(カップのキングの正位置)のかも知れません。

様々な暴行を受けて意識が朦朧としている美しい人を見ても

気持ちが振り回されることなく見ていた(カップのキングの正位置)

と読みました。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

kg等が行ったこは、一般的な悪魔の逆位置に相応しい内容

と読むことが出来ます。

そのためのストロベリーアイスの軌跡だったわけです。

繋がる部分を繋げていくと、それなりに立ち上がっていきます。

sponsored link
error: Content is protected !!