何故、歌えなくなったのか?(大御所から中御所のカードのタロット占い)

美しい人のタロット占いのカードセットと繋がったのでアップ

してみました。

3セット読んだものの一つをアップしています。

1枚目のカード

コインのキングの逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

このタロット占いの中心となる2枚目の「7」ソードのカードと、

3枚目の「6」ソードのカードを併せて読むと、積極的に活動する

ことで、何らかの成功を引き寄せると読むことが出来ますから、

1枚目のコインのキングの逆位置は、そのような方策を、ある

「ムショ」が持っていると読むことが出来ます。

2枚目のカード

ソードの7の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ある「ムショ」だけで、必要な資金を集めるのは、立場も含めて

限界がある(ソードの7の正位置)と読むことが出来ます。

3枚目のカード

ソードの6の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

ある「ムショ」の課題を解決する方法は、今も昔も変わらない

(実態は、変わっていない・ソードの6の逆位置)と読むことが

出来ます。

4枚目のカード

節制の逆位置

4枚目は、ある「ムショ」の対策カードになります。

美しい人を消した側の背景に対して、コミットし過ぎている

(節制の逆位置)と読むことが出来ます。

5枚目のカード

カップの1の逆位置

5枚目のカードは、大御所を初めとする歌う人たちの本音部分を

表しています。

歌う、歌わせてもらえる、歌わせられる等々多種多様なパターンを

含みます。

まともな意味合いのモチベーションが下がっていく(カップの1の

逆位置)と読むことが出来ます。

6枚目のカード

ワンドの9の正位置

6枚目のカードは、ある「ムショ」の本音部分を表しています。

これまでの、表に出ない流れの業績を生み出したやり方を、今後も

行っていく(ワンドの9の正位置)と読むことが出来ます。

ずっと続けて上手くいってきたこと(ワンドの9の正位置)と読むことが

出来ます。

もちろん、ワンドのカードですから、それなりに大変でしょう。

しかし、望む結果が得られるやり方だと読むことが出来ます。

7枚目のカード

世界の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

今回は、目的が達成出来なかった(世界の逆位置・もう一息だったのに、

せっかくの前提を活かし切れない)と読むことが出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

お尋ねした人物のカードセットと、大御所系列の、ある意味

大御所のカードセットを読んだ上で、何故、歌わせるパターンを

ある「ムショ」が持つのか、改めて読んでみました。

表にない流れを作れると読むことが出来ます。

差し出されたどうかのカードは、読んでいないとも言えますし、

大御所を読んでいたら、恐らく、表ではない流れの問題で、

モチベーションが心身ともに下がった(5枚目のカップの1の

逆位置)と読むことが出来ます。

sponsored link
error: Content is protected !!