Aさんの恋人は、Aさんを、どのように思っているのか?(タロット占い)

1枚目のカード

カップの8の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

現在、交際している相手は、Aさんと交際することが、面倒に

なってきている(カップの8の逆位置)と読むことが出来ます。

カップの8のカードは、気持ちを探求していく、気持ちの奥底に

向かっていこうとしていると読むことが出来ます。

このカップの8のカードは、逆位置ですから、過剰に気持ちの

奥底を覗くことで、現実のAさんを一時的に見なくなっている

状態かも知れませんし、そもそも、Aさんについての気持ちを

探求したくなくなっている、若しくは、Aさんに対する自分自身の

気持ちに興味がなくなっているとも読むことが出来ます。

2枚目のカード

ワンドのクイーンの正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカップの8のカードの逆位置を、どのように読むか次第

ですが、Aさんの恋人は、愛情関係を、今よりも充実させようと

している(ワンドのクイーンの正位置)と読むことが出来ます。

Aさんにとっては、Aさんの恋人が、考える相手が、Aさんなのか?

Aさん以外の誰かなのか?で、かなり違ってきます。

3枚目のカード

ワンドの8の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

Aさんに対してAさんの恋人から、かなり驚くような知らせがある

(ワンドの8の正位置)と読むことが出来ます。

4枚目のカード

ソードのナイトの逆位置

4枚目は、Aさんの恋人の対策カードになります。

Aさんの恋人は、現在の愛情関係が、改善出来る見込みがなければ、

Aさんと別れることを視野に入れている(ソードのナイトの逆位置)

と読むことが出来ます。

より良い結婚生活の展望が期待出来ないと思えば、Aさんと別れる

ことがAさんの恋人の対策内容と読むことが出来ます。

5枚目のカード

カップの5の正位置

5枚目のカードは、Aさんの本音部分を表しています。

Aさんの恋人に振られるかも知れない(カップの5の正位置)と

読むことが出来ます。

6枚目のカード

カップのナイトの逆位置

6枚目のカードは、Aさんの恋人の本音部分を表しています。

Aさんの恋人は、Aさん以外の人に、より良い愛情関係を

期待している(カップのナイトの逆位置)と読むことが出来ます。

これを浮気性と考えるのか、AさんとAさんの恋人の相性の不一致

だと考えるのか、そもそも、Aさんの恋人は、Aさんに対して、

結婚相手の選択肢の一人として考えていただけだったのか、

様々な理由が考えられます。

7枚目のカード

ワンドの2の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ワンドの2のカードですから、Aさんの恋人は、Aさんと

ケンカしてでも、見込みがなければ、別れるという主張を

通すつもりでいると読むことが出来ます。

Aさんと別れることを、恐れていないということになります。

Aさんが無理にAさんの恋人を引き留めても、遅かれ早かれ

同じことの繰り返しになるかも知れません。

もっと言えば、既にAさんの恋人は、Aさんと別れることを

8割方決めている可能性があります。

sponsored link
error: Content is protected !!