冷遇期間の始まりと最後のカードの共通するポイント

冷遇期間の最初と最後の二つのドラマのカードの

5枚目のカップの2の逆位置は、身体的な関係を

意味しています。

6枚目のカードは、同じことを繰り返すコインの2

の正位置です。

美しい人に対して同じ要求を繰り返したと読むことが

出来ますが、その内容は、マクラ(5枚目のカップの

2の逆位置)と読むことが出来ます。

7枚目のソードのナイトの逆位置の過酷な要求とは、

単なるマクラではなく、応じなければ、ならない期限を

勝手に決められていたと読むことが出来ます。

この期限は、命の期限であり、2013年の時点で、

美しい人を消した存在の背後にいる何かに売られたと

読むことが出来ます。

そして、それについて美しい人自身が応じなければ、

ならないということだったと読むことが出来ます。

そもそも1枚目の太陽のカードが逆位置ですから、

美しい人の意思に関係なく一方的に決められたことだった

と読むことが出来ます。

問題は、2枚目のコインの9の逆位置と併せて読むと、

美しい人の意思に関係なく一方的に差し出すことを

決めた側に、全容を知っていたとは、言いませんが

母親もいたと読みました。

蛇のカードを読んでいる時にアップしないのは、被害者

の方々の親や、被害者の方々の背景に関するカードです。

蛇1号は、母子家庭を好んだと言われています。

生活が大変な被害者の方々の中には、食べるために

加害行為に耐えながら売れることを期待していたり、

売れるためどころか、合宿所で出される食事の為だけに

我慢していた人もいるそうです。

何かには、蛇1号の行為を知っていた親もいたり、知った

後も預け続けていたりしていた親もいたそうです。

蛇1号の犯罪行為の犠牲になっていると知った後も、

そのような選択を取る親の生活苦のレベルが、どのような

ものか、一定の理解を示す必要があるのかも知れませんが、

あくまでも美しい人のカードの言語化の正確さを求めて

蛇のカードは、読んでいるだけです。

美しい人の母親も豊かさに対して強く望んだ可能性が

ありますし、再婚相手は、それくらいのことで、消えて

しまう必要は、ないくらいに考えていた節があります。

2013年時点以前、つまり、ドラマの収録の時間差が

あります。

最後のドラマもそうですが、ドラマのキャスティング以前の

計画は、その前年には、ありました。

美しい人が断ったからこそ、冷遇期間の最初のドラマを

用意する必要があったと読むことが出来ます。

だから美しい人は、辞めたいと思ったはずです。

それが、美しい人を消した側の背景にいる存在、これまで、

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」と

呼んできた存在に、必ず美しい人を捧げますという

意思表示だったと読むことが出来ます。

親が差し出した結果、親は、何らかの利益を受け取ったから

こそ、留学先から呼び戻されたと読んでも良いかも知れません。

美しい人のカードは、多くなり過ぎて、どこに何を書いたのか、

さっぱり分からないので、リンクを張れませんが、恐らく

それらのカードと繋がると思います。

蛇から引き継ぐのではなく、蛇を倒す機会を美しい人を消した

側は、狙っていたと読むべきかも知れません。

蛇だけが、旨い汁を吸う割合が多く、多くの事務所の反感を

買っていたのかも知れません(これは、アップ済み)。

言い方を変えれば、打倒・蛇の力を得るために、美しい人を

何らかのキーマンとなる人物に差し出したのかも知れません。

このような欲望は、恋心とは、異なりますが、美しい人ほどの

存在であれば、そのような執着をすることもあり得るでしょう。

1毛の執着?と思いましたが、1毛にとって、美しい人は、

差し出すべき商品だと読み直します。

もちろん、個人的な感情は、当然あるでしょう。

しかし、ここまでのことになって、島、山のカード、蛇関連の

カード、様々な蛇所属のタレントの動向等のカード、全てを

繋ぎ合わせていける読み方がやって出来たかも知れません。

今尚、箝口令が敷かれるのは、秘密保持もあるかも知れませんが、

それに加えて美しい人は、特定の存在に捧げられ占有された

からかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!