ラップ音なのか?

一人暮らしで、深夜に音がすると、場合によっては、

「もしかして、ラップ音?」と思うこともあるかも

知れません。

ただ特に集合住宅の場合は、ほとんどが小動物が

屋根裏や、何らかの配管等を走っていたり、電化

製品や高層の集合住宅は、貯水槽関連の音が響く

部屋だったりすることもあります。

一般的にマンションと呼ばれるようなもの、しかも、

ある程度高層の場合でも、隙間は、あります。

これを理解するために、数件、知り合いに

そのような建築現場を、一定期間見せてもらった

こともあります。

音が、生じる理由は、ここで書けない理由もある

ほど、様々なものがあります。

集合住宅で発生している音源を完全に調べるのは、

非常に難しいと言うか、出来ないことも多々あります。

ですから、霊が出す音の方から考えると、俗に言う

地縛霊みたいなものが出すラップ音は、一度、そのような

現象が起こると、ほぼ毎日起こります。

間隔が開いても1週間も2週間も、開くことは、ないと

考えます。

ましてや数ヶ月も間隔が開いて、同じような印象の現象が

起こるのであれば、身内の霊である可能性があります。

すくなとも、事故物件の居つきの霊のようなタイプでは、

ないでしょう。

もう一つ、あり得るのは、霊媒体質で、自分自身で

連れて来る場合があります。

太陽や月が海王星とコンジャンクションのタイプの人は、

霊媒体質でなくても、霊の方がコミュニケーションを

取りたくてついて来ている可能性があります。

しかし、これも、あくまでも可能性の段階ですから、

霊媒体質の方が優先されます。

祖父母や両親のどちらかが霊媒体質の人は、可能性が

あります。

以前、事故物件を敢えて選んで住んだ倹約家のシリーズを

上げていましたが、盗難や骨折等、ある程度、禊?のような

期間が過ぎると、そこの霊と調和したような状態になり、

安い家賃で、良い立地に住むという狙いが達成されたような

状態になっています。

この方は、どうしても実家から出たいという願望があって、

事故物件の霊現象よりも親が嫌という、ある意味、究極の

選択をされた方だったので、気合が違いました。

動機は、どうであれ、こういう真面目な気合は、案外、

祓う力になります。

sponsored link
error: Content is protected !!