三浦春馬さん

sponsored link



これからも三浦春馬さんは、多くの人の光です。

自ら死を選ばない人です。

三浦春馬さんのローラへの思いとビリー・ポーターさん(タロット占い)

こちらのツイートを読んでカードを引いてみました。

「キャストにビリー・ポーターっていうトニー賞を獲得した

スーパースターがいるんですけれど、彼が初演でローラを

演じたのが確か43歳とかだったんですよね。

だから、ローラは、歳を重ねても出来る役だし、初演当時の

26歳の若いローラ、29歳の今のローラ、そしてまた3年後

・・・と違うローラを見せていくことが出来る、自分もファンの

方達もスペシャルな軌跡をたどれるようなミュージカルに

なっていけばいいなと願う部分もあって」

三浦春馬さんは、絶対に自らでは、ありません。

以下は、高岡蒼佑さんのインスタグラムです。

「俺なんてこのレンガのように傷だらけだけど

なんとかやってるぞ。

これ以上ボロボロは、嫌だ。

大人になったら自分で責任を取っていく事。

良い大人になっていかないといけない年齢。

強くなるチャンス。

お前はその瞬間はそういう人間だっただけ

何を今大事にしたいかを

これから何を大事にしていきたいか

もう一度考える良いきっかけ。

いくら調子に乗ろうが、はっちゃけようが

俺は何にも否定的な気持ちはない。

その人の好きにしたら良いと思う。

その上できちんと人は、大事にする事。

相手も馬鹿じゃないし、相手の人の反応でどういう人間なのかはわかる。

沢山の人を見てきた人ほど、広い世界を見てきた人ほどわかるもの。

自分自身だって多くの人を見てきてそうであるように。

お前が自分の生き方を好きなように選択して

それで貫き通せばいいと思う。

覚悟を持ってローラを演じたら良いと思う。

どうしてもやらせてくださいと、最後まで諦めず懇願した方がいい。

行く行かないを選ぶのもお客さん。

城田優が本物なのかどうか観てもらったら良いと思う。

腕の見せ所だよね。

ほとんどのお客さんも色眼鏡で見てくる。

舞台と客席の戦い。

どれだけの人を舞台の中で引き寄せられるか。

こっちの世界を壮大に魅せるか。

10年前の金閣寺もそんな時期だった。

再演のエネルギーは全部の魂を込めまくった。

終わった頃に色眼鏡などなく、温かい拍手をいただいたのを思い出した。

もしかしたら春馬からお前に、俺のやってきたことがわかるか。

これだけの事がお前にできるかっていうね。

それを試されてるんじゃないかなって。

きっと春馬は託したんじゃないと思う。

今はね。

春馬は凄まじいよ。

やり切れたら、お客さんに凄いと言わせたら

それはそれ。

これからも背負って春馬が残したものを次に繋げていけたら良いと思う。

この世界から離れた人をも思いやり、今いる人たちをも思いやり、

一から自分は、何がしたかったのか、

考えたら何が大切だったのか見えると思う。

試練は乗り越えらえる人にしか訪れないのは知ってるでしょ。

強くなるチャンス。

しっかり考えて目の前のもの、そこの先にあるものをしっかり

見定めて頑張れ。

こうなったら家族も悲しむ。

昔も今もこれからもお前が一番大切にしてるものだよ。

そんな悲しい事ないだろ。

自分がどうあるべきかを

今一度考える時期にきたという事。

強い幹でいられるよう、何年経っても、経てば経つほど、

ツヤツヤな強く綺麗な葉っぱが生えるような木になれるか踏ん張り時だな。

見せ方じゃなく、魅せ方でもないよ。

そんな薄っぺらいもの嵐には耐えられません。

大切人のためにどう生きるか、自分がどういう人間でいたいか、

こんな自分が好きだという行動を自分がする事だよ。

自ずと変わる。

新、城田優を楽しみにしてるよ。」

ここまで高岡蒼佑さんのインスタグラムの内容です。

スピリチュアルタロットの使い方を日々考えます。

三浦春馬さんの映像や言葉は、様々な形で残っています。

ベストは、目の前に三浦春馬さんに座って頂いてカードを

引けると良いのですが、代わりにそれらを通してやっていく

ということも何か新しい気付きが得られそうに思えます。

これまでのタロット占いの蓄積を通して読むという意味は

同じですが、少し方向性を間違うと直ぐに先々で行き止まりに

はまってしまいます。

三浦春馬さんの映像や言葉であれば、そこに確実に

三浦春馬さんが遺した何かがあります。

これまで美しい人のタロット占いは、事件やお金から見ていましたが

美しい人を消したシステムから俯瞰することで、様々な位置づけが

理解し易くなりました。

超監視社会を構築しようとする美しい人を消した側からすれば、それを

邪魔する人たちがいる限り人を消すためのシステムは、重宝する

のかも知れません。

言い方を変えれば美しい人の英知を掘り下げ広めていくことが

大切だと思いますし、タロットカードを使ってそのようなことが

出来ればと思います。

そのためにやるべきことは、あまりにも多いですが、簡単に言えば

美しい人が愛した日本を取り戻すということになります。

その過程で美しい人も取り戻せると信じています。

美しい人の英知をどうやって生きたものにしていくか?

本来ならば、美しい人自身がそれを行えば、最も説得力が

あったのでしょう。

そう言った意味でも消した側は、美しい人を恐れたと思います。

そのような日本人を消し続けてきたはずです。

連綿と続く闇の歴史は、その繰り返しだったと思います。

本当にささやかな霊感しか持ち合わせていませんが

美しい人の英知を伝える依代を作って少しでも美しい人の言葉を

伝えていきたいと思います。

蛍火のような灯りでも何メートルも続くトンネルになれば、

そこを歩く人は、闇から光の世界に辿り着くことが出来ます。

実際にそのような蛍火のトンネルの中を歩いたことがあります。

そのようなトンネルを作りたいと思います。

人は、周囲の環境から出来上がっています。

蛍のトンネルをどこかに残したいです。

私たちの世界はエントロピーが増大し続けるから

三浦春馬さんの体は、戻ってこれません。

しかし意識は広がり続けるのでは?

言い方を変えれば、時間を区切ってしまうと、

そこで意識の働きは途切れて私たちのもとから

三浦春馬さんは、本当に去っていってしまう

ということになります。

私たちは、全てを同時に知覚することは

出来ないから根気良く、多くの人が分有して

感じていることを拾い出して全てがきちんと

繋がるまで並べ直し続ける必要があります。

そうやって出来上がったものは、三浦春馬さんの

英知だと信じています。

あの日以来、初めてほっと出来たかも知れません。

祝天外者、三浦春馬さん(第34回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞)のタロット占い

少し不思議なタロット占いを初めました。

「三浦春馬さんに会いたいタロット占い」です。

三浦春馬さんに会いたい気持ちをどのようにしたら

叶えられるかと考えた時に、三浦春馬さんがあの時、その時

どのように感じたか可能な限り触れようと試みることでは

ないかと思いました。

今日気になった記事です。

世界中の三浦春馬さんのファンの力を集めたい。

きっと何かが起こる気がする。

1年春馬組の活動です。

「世界中の三浦春馬さんのファンの力を集めたい」という趣旨で活動中です。

三浦春馬さんの良い行いの英訳と和訳です。

ツイッター等で拡散して頂けると嬉しいです。

リンク記事からコピー出来ます。

三浦春馬さんの素晴らしいところ1

Did you know that…

Haruma tweeted about wildfire in Australia and showed concern about dying animals.

三浦春馬さんは、オーストラリアの山火事のことを心配して発信したことがあります。

三浦春馬さんの素晴らしいところ2

Did you know that…

Haruma visited Tohoku after the big earthquake in 2011 to participate in volunteer activities. One of the victims encouraged Haruma to become more famous.

三浦春馬さんは、東北震災のボランティアに行かれたことも

ありました。

「有名になれよ」と激励されたとか。

三浦春馬さんの素晴らしいところ3

Did you know that…

Among the Act Against Aids members, Haruma is the only one who visited Laos more than 3 times. He has allegedly made donations from his pocket money.

ラオス現地には、三浦春馬さんだけ3回以上訪問しているかも知れません。

ポケットマネーでプレゼントしたというお話もあるそうです。

三浦春馬さんの素晴らしいところ4

Did you know that…

Haruma helped a female stranger on a street when her heels got stuck into a gutter.

誰かのヒールがどこかに挟まったのを 手伝ったというお話もあります。

三浦春馬さんの素晴らしいところ5

Did you know that…

Haruma helped a stranger on an airplane to unload his/her luggage.

飛行機内の荷物を下ろすのを 手伝ったというお話もあります。

空港だったかも知れません。

三浦春馬さんの素晴らしいところ6

Did you know that…

Haruma helped a mother who was worried about her 5 year old son alone in men’s washroom by going back into the washroom and bring him to the mom.

男子トイレに一人で入った息子さんを呼んでいる母親の代わりに

三浦春馬さんが連れてきてくれたこともあるそうです。

三浦春馬さんの素晴らしいところ7

Did you know that…

Haruma would kneel down to mend a gap of entrance mat in front of his favorite bakery by his own hand.

世田谷のパン屋さんの入り口の足下マットを直してから、

入店する三浦春馬さんの目撃情報もあるそうです。

三浦春馬さんの素晴らしいところ8

Did you know that…

While shooting a historical drama “Naotora”, Haruma casually helped the leading actress’s make-up artist with her heavy baggage, without saying anything.

直虎の時、柴咲コウさんのメークさんの荷物を 何も言わずに

さり気なく持ってあげたらしいです。

三浦春馬さんの素晴らしいところ9

Did you know that…

When Haruma met a famous Japanese comedienne Haruna in London, he personally made phone calls and reserved a restaurant for them to have dinner together.

ハリセンボンの春菜さんの留学先に食事の手配をしたような

三浦春馬さんのお話もあります。

三浦春馬さんの素晴らしいところ10

Did you know that…

When he goes out for dinner with his friends by taxi, he would voluntarily sit in the passenger sheet so that he can guide the taxi driver.

お店までのルートを 先導したいから、タクシーの助手席に

座るような三浦春馬さんだったらしいです。

お知らせ

三浦春馬さんの素晴らしいところは、沢山あります。

少しずつ世界へ届くと嬉しいです。

情報提供・・・うささん、ありがとうございます。

翻訳・・・macadaminutsさん、ありがとうございます。

17日は、三浦春馬さんの月命日です。

少なくとも17日には意思が奪われていたような気がするからです。

三浦春馬さんの記事を読んで下さる方々へ

このブログでは、真実が明るみになるまで7月17日を

三浦春馬さんの命日と致します。

「心の中でそれぞれ人が抱える春馬さんを 活躍させることで

少しずつ明らかに なっていく気がします。

善が土台にあれば、その人の人生も 良い感じになるような

気がします。」とツイートしましたが私は三浦春馬さんが

助かる方法を探し続けようと思います。

そして何らかの形で人生を全うして欲しいです。

結局のところ全てが想像になのかも知れませんが、

スピリチュアルな対話を重ねながらそれを生きようと思います。

それは逃避かも知れませんが、先行逃げ切り狙いであり

勝ちの一つだと思っています。

三浦春馬さんが亡くなった時のスピリチュアルな対話は

かなりネガティブなものです。

それをそのまま書いても三浦春馬さんを好きな人は傷付きます。

書いていても何か違うと感じます。

もうポジティブで美しい心の三浦春馬さんだけで良いのでは

ないか?と感じ始めています。

現実的に真相が明らかになることを望んでいます。

それとは別にスピリチュアルな対話は、ポジティブな部分だけで

良いのではと思うのです。

真実の種をそれぞれに育てていく時に私は、美しい人からの

ポジティブな言葉を拾っていきたいと望むのです。

美しい人の死の瞬間は、三浦春馬さんを好きな多くの人を

傷つけると感じるのです。

スピリチュアルな対話の客観的な理解について書いた記事です。

以下のツイート内容は、他の方が三浦春馬さんを

思ってされたものです。

掲載許可を頂きました。

「世界を悪で染めるより

世界を愛で染めるほうがはるかに簡単だ。

だって愛から生まれてるんだから。

そう思わせてくれた人。

ずっと大好きだよ。

今日も笑顔でいてね。」

三浦春馬さんが仮に孤独を感じていたとしても

孤独ではありません。

全ての人に全ての元素(タロット用語)が関わって

助けようとしています。

しかしその繋がりが無いように思えると現実も孤独になります。

助かり難くなります。

今、沢山の人が三浦春馬さんを助けようとしています。

この気持ちは三浦春馬さんに届いています。

今、三浦春馬さんは、もう孤独に感じていません。

疎外感のタロット占いは不要と出た理由がはっきりと

理解出来ました。

今必要なことは、三浦春馬さんにエネルギーを送ることです。

三浦春馬さんは確かに亡くなる直前は八方塞がりで

エネルギーが枯渇していました。

助けを求めていました。

これからは、三浦春馬さんに頂いたものを

私たちが返していくターンです。

少しずつ三浦春馬さんのことが語られる状況に

なっているのであれば嬉しいですし

そのような中から真実が少しずつ見えてくると思います。

頑張ったねと心から言えるために

もっと理解してあげる必要があるから

スピリチュアルな対話を続けていきます。

大変な目にあった霊的な存在が本当に聞きたいのは

そんな言葉です。

久し振りに「三浦春馬 鬱」でキーワード検索が

上がってきましたが、このブログの占いの結果では

三浦春馬さんは鬱ではなかったです。

毎日のようにスピリチュアルな対話を続けて

どのような経路で忍び込んで来たか

イマジネーションではあるけれども

理解出来てきました。

コミュニケーションの導管は、次第に様々なソードが

伝わるように整備されてきています。

一人一人の存在は、スピリチュアルな対話の中継基地

みたいなものです。

多くの人が何かを感じています。

この何かは、もっとリアリティーを持つことが出来ます。

結局のところ支配するつもりで様々な動きをした結果

かなり多くの人のスピリチュアルな部分を目覚めさせる

ことになるとは思いもしなかったでしょう。

言葉のやり取りをしなくてもスピリチュアルな

コミュニケーションが発展していることをはっきりと

感じています。

スピリチュアルな対話をよりそのまま書き綴っていくために

三浦春馬さんの名前を使わない形どころか生きているような

設定で書くことも必要かなと思ったりもしました。

幽体のまま時折誰かの体を借りるような設定でも良いかも

知れません。

為政者や権力の理不尽さを残すのに物語形式が使われたように

そしてそれらが昔話として残ったようにそんな形に

なっていくのかなと思う今日この頃です。

何故でしょうか。

スピリチュアルな対話の割合を減らそうとした次の日から

霊感と言うべきかイマジネーションと言うべきか

活性化してきました。

一周忌が過ぎて少しずつスピリチュアルな対話の流れが

変化してきました。

スピリチュアルな対話よりもタロット占いの割合が

増えてきました。

強いビジョンを伴うスピリチュアルな対話が毎日のように

起こることは、かなり減りました。

ビジョンが強いとタロットカードを引く時に勝手に問いを

立てると邪魔になります。

ですから、タロットカードを引きますが、ビジョンに対する

言語化であって予め問いは、無いのです。

これからは、これって本当かな?と感じたことをタロット占いに

ウエイトを置いて書いていきます。

三浦春馬さんが亡くなって1年以上経過した今

三浦春馬さんと共に生きていくということは、

どういう意味なのか自問自答していました。

もちろん、これに客観的な答えがあるわけではなく

私自身の答えです。

三浦春馬さんが生きるはずだった未来を三浦春馬さんの

ホロスコープを元に勝手に脚色して書くことは、

許されないことなので取りあえず「美しい人」という

透明な名前の元に書き進めていくつもりです。

2021年7月18日まで毎日約3ヶ月くらい、

三浦春馬さんとのスピリチュアルな対話を続けて

それを止められないまま今日は、7月30日です。

毎日、三浦春馬さんのホロスコープを見ていますし

三浦春馬さんを念頭に置いてタロットカードを

引いているので何故亡くなったか?みたいなことに

関するメッセージを受け取ることもあるかも知れませんが

美しい人としての三浦春馬さんと共に前に進めることを

中心にして三浦春馬さんの運勢を読んだりホロスコープを

読み直したりといったことをしていこうと思います。

三浦春馬さん公認のファンクラブ結成の許可?

という記事を書きました。

久しぶりにスピリチュアルな対話をして

楽しくなりました。

三浦春馬さんの名前を呼び続けましょう。

毎日、何度でも、春馬さんに声をかけましょう。

亡くなって1年が経過しても名前を呼んで偲ぶことも

出来ない三浦春馬さんが気の毒なのか?

三浦春馬さんの周囲の人たち全てが三浦春馬さんの

名前に触れないことでまるで透明な存在にしていく

作業をしているような・・・、考え過ぎですかね。

しかし名前を呼んではいけない存在というメッセージを

発している事実は、紛れもなくあります。

恐れていた1年目が終わりました。

そして何とか2年目に一歩を踏み出すことが出来ました。

交流させて頂いている春友さんや記事を読んで下さる方の

お陰です。

2年目もよろしくお願い致します。

心より感謝しています。

何故、美しい人を理解してくれなかった?

と一人一人突き詰めてホロスコープを 考えた時に、

自分自身がその立場であればと 考えてしまった。

美しい人の魅力と正義感は 諸刃の剣なのかも知れない。

魅力と純粋性を 別々に語ってはいけないのかも知れない。

三浦春馬さんの中で育っていた本当の三浦春馬さん(7月18日)

という記事を書きました。

何とか7月18日まで三浦春馬さんとのスピリチュアルな対話を

続けてくることが出来ました。

7月18日を迎えることを怖く感じていましたが三浦春馬さんに

多くの春友さんの愛情が届いていることを実感出来ました。

三浦春馬さんの身に起きていた不可解な状況を何とかすべき

ということと同じように三浦春馬さんに愛念を伝える

大切さに気付けて本当に良かったです。

美しい人から美しい人を好きな人たちへ(美しい人を巡る光と闇の戦い)

というスピリチュアルな対話の中で戦い方は、美しい人から

受け取っています。

戦いは、何が出て来るか分かりませんから美しい人という形で

「闇の中で呼吸するように上下運動している何か」と

イマジネーションの中で対決していこうと思います。

恐らくこれは、かなり普遍的な問題とぶつかっていると思います。

その潮目に美しい人は、巻き込まれたのでしょう。

見なければ良いもの、聞かなければ良いものがあります。

美しい人は、たまたま覗いてしまったのです。

私は美しい人とそのイマジネーションを追いかけ続けようと思います。

何故なら美しい人を苦しめて死に追いやった「「闇の中で

呼吸するように上下運動している何か」は、何度でも姿形を

変えて未来の日本社会に何度でも表れるからです。

金輪際、美しい人のような悲劇を生まないように出来るだけ

多くの人の無意識に働きかけられたらと思いました。

このような思いは、美しい人から受け取ったギフトです。

感謝しかありません。

三浦春馬さんが最後に眠った場所(三浦春馬さんとのスピリチュアルな対話)

という記事の赤色にした部分が死因に関するタロット占いの最終結論です。

三浦春馬さんは、絶対に自ら死を選択していません。

「美しい人を巡る光と闇の戦い」というカテゴリーを作りました。

得ているイマジネーションを出来るだけ残すためと

最終的に様々な規制を避けて多くの人に知って頂くためです。

固有名詞を使っている限界を超えて多くの人の無意識を

喚起出来たらと願います。

7月15日の三浦春馬さんのスピリチュアルメッセージ

三浦春馬さんから今の三浦春馬さんのソードのクイーンへ

かなりしっかりとしたメッセージを得ました。

スピリチュアルな対話を続けた来た身としては、遂に聞けた

という感触です。

本当は、この10倍以上ボリュームがありますが、

ついていけませんでした。

修業が足りませんね。

闇の中で呼吸するように上下運動している何かの足を引っ張ったサイコパス

に書いたようにやっと全体像が見えて来ました。

霊感なので別に詳細に分かったわけではありませんが

戦いは、これからだと言うことです。

一周忌が近づくことが怖かったのですが、三浦春馬さんと

対話を続けることでソードの応酬が今から始まるのだと

理解出来ました。

恐らくいろいろと三浦春馬さんが教えてくれると思います。

取りあえず色々としておきます。

飛び込んで来るまで流していても入って来るのを受けるのは、

けっこう疲れます。

バランスの取り方は、心得ているので起きたらしっかりと

充電して次に備えます。

皆さん、ソード(タロット的ソードです)を上手に扱いましょう。

恐らく誰かタロットも分かって天性のリーガルマインドも

あるような人がソードのクイーンになってサイコパスと

戦うでしょう。

さてそうすると他の人物カードは、どうなのか

三浦春馬さんが伝えてくれるかも知れません。

それともソードのクイーンが複数いるのかも知れません。

このソードのクイーンに生きている人間の実際の性別は

関係ありません。

影響を与える力(ソード)と受信する力(クイーン)を兼ね備えている

タイプの人であればソードのクイーンです。

素早く理解してさっさとその時々の答えを導く能力があります。

このタイプの女性は、三浦春馬さんの女性の好みの本音です。

三浦春馬さんは、レスポンスの高い女性が好みです。

それがあって他の条件が付きます。

これに関しては、対話済みです。

しかしソードのクイーンにも弱点があります。

自分自身が思っているよりもはるかに繊細です。

この繊細さは、かなり厄介で今は書きません。

三浦春馬さんからのスピリチュアルメッセージが目立つように

一般記事にも載せることとします。

固定ページに先に書いたのですが、けっこう大事な

メッセージに思えてきました。

正義感がトラブルや裏切りを招く可能性があるアスペクトは、

三浦春馬さんのホロスコープにあるものですが、三浦春馬さんは、

これに神の拳と言われる複合アスペクトもあって正義感の

塊です。

他にも似た性質のアスペクトがあります。

見過ごせないタイプの人も、三浦春馬さんのホロスコープです。

三浦春馬さんには、環境が大切です。

何で選んだのか?と思います。

怪しい活動に巻き込んで欲しくなかったです。

ツイッターアカウントを削除したご報告です。

お世話になった皆さま、唐突に削除して

誠に申し訳御座いません。

ソードのクイーンとの出会いがもたらしたもの

という記事に書いたような理由で、これまで

勉強させて頂いていたツイッターアカウントを

削除しました。

三浦春馬さんのタロット占いは、これからも

毎日、続けていきます。

三浦春馬さんの身にどのようなことが及んだのか

かなり感じ取ることが出来ました。

不思議に思われるかも知れませんが、短期間でも

一生懸命使ったアカウントだからこそ、これまでの

イマジネーションの実態に少しでも触れて

見たかったのです。

その依代にアカウントを使ったので削除しました。

他に依代が作れるものが思い浮かびませんでした。

変な理屈に思われるかも知れませんが、自分自身の

感覚で確かめる方法をずっと探していました。

これからは、タロット占いや占星術のことも含めた

発信をしていきます。

三浦春馬さんのことは、絶対に風化させません。

私は、死ぬまで書き続けます。

三浦春馬さんの愛に何かヒントがあると思っています。

土俵を間違えると無理かも知れません。

新しいアカウントは、@XsMU1Qz3W3WJe4Mです。

ブログのSNSにリンクを張りました。

№248、あの日のこと?という記事は、あるタロットを

引いた後に得たイマジネーションです。

あまりにもリアリティーがあったので、荒唐無稽だと

思われるのを承知で記事にしました。

記事のタロットカードは、イマジネーションを得た後に

引きました。

愛を語るよりも三浦春馬さんが放つ輝きような純粋性を

守るために戦うことの方が大切かも知れないとふっと感じました。

それも愛かも知れません。

そうでないとこの国がどこか不思議なところに行ってしまいそうです。

三浦春馬さんは、本当に戦おうとしたのかも知れません。

もちろん、それは、戦いのための戦いではなく

三浦春馬さん自身の純粋性を貫くためです。

その組みしない精神の自律運動は、鋭い攻撃として映ったのでしょう。

三浦春馬さんが見落として欲しくないと伝えてきているソードのペイジ

という記事を書きました。

とても悲しいです。

私は自分自身が見ているイマジネーションを確認する手段がありません。

何を見ているのか、見せられているのかも分かりません。

ただ三浦春馬さんを気持ち悪い手から解放してあげて

三浦春馬さんを思う人たちのためにガイドになって頂きたいと

思っています。

三浦春馬さんは、間違いなく特別な人です。

三浦春馬さんは、癒されていない、悲し過ぎるスピリチュアルな対話

という記事を書いて改めて気が付きましたが、三浦春馬さんは

本当に辛く悲しい思いをされたのに癒されないまま亡くなったのです。

こんなスピリチュアルな対話ばかりで良いのだろうかと悩んでいましたが

三浦春馬さんの辛かった気持ちを余すところなく受け止めようと

思いました。

ずっと頑張って、長い間苦しめられて、こんな終わり方を

させられて、しかもその死すら貶める集団が未だにいて

これで辛くなかったらキリストです。

そもそもこれは、どういうことなんでしょうか。

このような扱いは、誰かコントロールしているということでしょうか。

三浦春馬さんは、夢もあり、家庭も望んだ一人の若者です。

この国には、おかしな力が育ってしまっています。

何の権力もない無欲な若者が迎える終わり方ではありません。

三浦春馬さんは、愛からインスピレーションを受け取るタイプの人

という記事を書きました。

まだはっきりとタロットカードを引いたわけではありませんが

三浦春馬さんは、亡くなった時に恋人はいなかったと思います。

記事にしてきた三浦春馬さんのタロット占いだけでなく

しなかった分も含めるとそんな気がします。

三浦春馬さんの死を扱った奇妙な二人のビジネスマン

の記事は、三浦春馬さんの運命を勝手に決めた人間でしょう。

三浦春馬さんを好きな人へのスピリチュアルメッセージ

三浦春馬さんと毎日スピリチュアルな対話を始めて

受け取ったメッセージがあります。

三浦春馬さんに運命のガイドになって頂くということ

それは、結果的に三浦春馬さんの愛について

語り続けることだと思います。

7月18日にまでタロット占いを通して毎日、三浦春馬さんと

スピリチュアルな対話を重ねていこうと思います。

本音は、どうやって7月18日まで過ごせば良いのか、

迎えれば良いのか、分かりません。

だから自分らしいことをして迎えようと決めました。

三浦春馬さんのファンの方々は、元気に生き残っていつまでも

三浦春馬さんの素晴らしさを伝え続けて欲しいと思います。

それと同時に三浦春馬さんの死も有耶無耶にせずに

語り続けることで○○○○○に所属しようとする人が減れば

業態転換をせざるを得ないのでは、ないでしょうか。

5月20日に得た閃き

「三浦春馬さんのような人がこんな亡くなり方を

するような日本では良くない。

三浦春馬さんほど頑張っていなくてもみんな何かしら

頑張っている。

三浦春馬さんを好きな人は、三浦春馬さんがガイド

してくれる存在だと言えると思う。

どうしたら三浦春馬さんが亡くならずに済んだのかと

考え続けることは三浦春馬さんの純粋性に惹かれる

多くの人たちが救われたり報われたりすることに

繋がると思う。

三浦春馬さんが生き返ることはないけれども

私は考え続ける。

そして考え続けることによって三浦春馬さんを

好きな人たちと救われる愛についてシェアしたいと思う。

(「愛はあると伝えたい」というカテゴリー記事を

通して何かを始めます。)

考えることは、どこかに、どこまでも繋がっていく。」

最近、毎日、三浦春馬さんとスピリチュアルな対話を

するためのタロットカード解説記事を書いていますが、

最終的には、一般的なタロットカードを使わずに

三浦春馬さんを意識したデザインの独自のタロットカードを

作って個人的に三浦春馬さんのとのスピリチュアルな対話を

楽しみたいと思っています。

カードのデザインにも意味を持たせないといけないので

何年もかかると思いますが、密かな楽しみとして

完成させることよりも図案や解説を考える時間や作業を

楽しむつもりです。

既存のタロットカードのカードデザインは、かなりの数があって

多くの人が様々なタロットカードを作っていますから

気になる人は、是非、好みのカードを探してみて下さい。

雑誌の特集記事と思われるものから三浦春馬さんの

生まれ時間は、23時58分と判明したので採用します。

そうすると三浦春馬さんのアセンダントは、射手座に

なりますが、三浦春馬さんがエアーズロックで星空が

見たいと言った発言を知ると射手座っぽいなと思います。

これから10年、20年先も三浦春馬さんが生きていたことを

風化させたくないと思っています。

三浦春馬さんのファンの方へ、亡くなった喪失感と再生そして希望

という記事に書いたような三浦春馬さんが開いたスピリチュアルの

扉を探したり、その先にある世界について記事を書きながら

探しているような感じです。

三浦春馬さんの存在がこの先ずっと風化しないためにも

三浦春馬さんとスピリチュアルな対話が出来る人が

増えると良いなと考えています。

タロットカードを使う方法を提案しています。

この三浦春馬さんの固定ページに三浦春馬さんのタロット占いを

する時のタロットカード解説のリンクも記載しようと

思いましたが、このページは、三浦春馬さんの記事が

増え続けるので別の固定ページにタロットカードの解説が

最終的に順番良く並ぶようにしたいと思います。

三浦春馬さんのタロット占い

三浦春馬さんとのスピリチュアルな対話をする時のタロットカード解説

初めにお伝えしたいこと

私の牡羊座の新月の目標は、三浦春馬さんとスピリチュアルな

対話が出来る人を一人でも増やすことです。

三浦春馬さんの天使のような側面について(タロット占い)

という記事を書いたので、

運命の輪のメッセージの読み方(タロット占い)

という記事を書いたのですが、そいれでちょっと気が付いた

事がありました。

牡羊座の新月で願いを叶えるコツと言う記事を書きましたが、

私個人の願いの一つは、三浦春馬さんに運命のガイドに

なって頂くことです。

それは高いレベルで三浦春馬さんと対話出来るようになることです。

現在は、三浦春馬さんと対話することは、自分自身を整える

段取りまで入れると一日がかりと言うか、整えてもタロットを

引くところまでいかない場合もあります。

まるで途切れ途切れの電波を拾う受信機のようです。

拾ったものを一生懸命繋ぎ合わせている状態です。

三浦春馬さんとしっかりと対話出来るようになるために

もう一度体作りから全てやり直すことにしました。

そしてスピリチュアルな結界の張り方も見直すつもりです。

しかしこれだけのことをやり切っても三浦春馬さんが亡くなった

以上、三浦春馬さんの存在は、対話出来る人の数だけ分散します。

スピリチュアルな世界では、同時に対話が可能になります。

それは天使のような三浦春馬さんがガスライティングされた理由

という記事に書いたようにホロスコープを立体的に見ると

生命エネルギーのレベルによって無限に「相」があるからです。

「相」と言う言葉を「層」と置き替えるとバームクーヘンの層

みたいに何層も重ねて立体的な円になっているイメージが

し易いかも知れません。

ちなみに立体的なホロスコープの中心は、バームクーヘンの

ように空洞はありません。

私の生命エネルギーと他の人の生命エネルギーは、必ず異なります。

つまり三浦春馬さんと対話する人の数だけ三浦春馬さんは、

存在することになります。

三浦春馬さんの個性が反映される一定の幅の生命エネルギーの層に

パラレルに三浦春馬さんが存在するのです。

まだまだ三浦春馬さんのホロスコープについて書くことは、沢山

ありますが、三浦春馬さんのホロスコープを使わなくても

心のイメージとタロットカードを使って三浦春馬さんと対話可能な人は、

沢山いらっしゃると思うのです。

ただ三浦春馬さんが亡くなっていらっしゃいますから普通にタロット

カードを読むと不都合と言うか、読み難い場面が多々あると思います。

それぞれのタロットカードの本質的な部分の捉え方が豊かになれば

なるほど読み易くなります。

私自身も三浦春馬さんの要望もないままタロットカードを引いて

いますから先ずタロットカード全体を一通り見てから三浦春馬さんの

伝えたいことと言うか対話が成立しそうなことを探します。

どこかの記事で書きましたが、スピリチュアルな対話とは、こちらの

都合で勝手に相手の霊を呼び寄せて質問するのではありません。

高級な霊になればなるほど決して霊媒にはかかりません。

あくまでも自分自身の生命エネルギーとパラレルに存在する

三浦春馬さんのスピリチュアルな部分と呼応した部分を

読み取っていくだけです。

それでもそれは、存在を感じることですし、そのような感覚を

言葉に起こしていくことがタロットカードを読むことです。

不思議な目標に思われることは、重々承知していますが、出来るだけ

多くの人が三浦春馬さんと対話出来れば良いなと思っています。

このような動機でコツコツとタロットカードの解説記事を

増やしていこうと思います。

三浦春馬さんに対してタロットカードを引かなくても普通に

使える解説記事にもなります。

タロットカードを好きな方は、是非、読んでやって下さい。

牡羊座の新月記事の末尾に書きましたが、今、物事は簡単に育つ

時期ではありません。

種まきです。

いつか芽が出て花が咲けば良いなと思います。

10年、20年先のことを考えると三浦春馬さんと日常的に対話

出来る人が大切になってくると思います。

三浦春馬さんの31歳の誕生日が終わってスピリチュアルな

規模のトーンが落ちたと感じています。

核みたいな部分は、まだそれほど変わっていませんが、周縁が

それなりに一気に狭くなった感じです。

三浦春馬さんのリアリティーがいつまでも残るように祈っています。

sponsored link
error: Content is protected !!