月星座 蟹座と幸運術

sponsored link

月はあらゆる幸運術の土台になります。

月が自分なりに安定していないと

あらゆる努力が駄目になります。

様々な幸運術を駆使するにしても

気持ちが安定していないと努力や愛が

こぼれ落ちていきます。

どのようなホロスコープであっても

幸福感の伴った成功はあらゆる行動に対して

自分の月を丁寧に扱うことです。

月の日常的な役割が健全に反映されると

睡眠や栄養のある食事をとることや

気持ちの通い合う人間関係を維持する

ことが出来ます。

睡眠、適切な食事、親しい人間関係は

月の働きを良くして、月の働きが良いと

快眠、健康、情緒的満足が高まり

更なる相乗効果が生まれます。

逆の流れにはまると良い流れに戻すのは

かなり大変です。

生育環境が悪い月の流れの場合は

そこを改善するところから始まります。

その辺りは「ボロボロな気持ち、身体」の

カテゴリーに書いています。

月星座は本能みたいなものですから、

理性的に捉えてバランスをとって

あげることが大切です。

それは自分を大切にするということです。

自分を否定しても何も生まれませんし、

ただ甘やかしても自分を生かせません。

月は気持ちです。

気持ちは身体の快適さと想像以上に

関係があります。

気持ちを上げるのに強い刺激を用いるやり方は

長い目で見たら大きなマイナスです。

身体を通して優しいケアを心がけましょう。

sponsored link

月星座が蟹座の人の特徴です。

月星座が蟹座の人は守って欲しい。

自分が守って欲しいから自分に近い人や

味方や仲間も守ってあげたいという

本能があります。

しかしこの強過ぎる保護本能は上手く

自分を守ることが出来ない場合は

強い混乱を生み出します。

混乱の原因は見捨てられる不安です。

月星座が蟹座の人は母親が風のサインや

火のサインのような自主独立の気持ちの

強いタイプの親に育てられると

とても悲しい思いをして長い間

憎む場合もあります。

憎む理由は月星座が蟹座の人は見捨てられる

不安を12星座で一番感じ易い性質を

持っていて、変な言い方ですが見捨てられる

ような状況でワクワクし出して来る水瓶座の

性質とは対極にあります。

これはサイン(星座)としての蟹座の支配星が

月であり同調することやされることで成り

立っている本能(感情の運動法則)を持っている

からです。

ですから同調しないものに対しては、激しい

怒りを感じます。

個人レベルではこの怒り(ヒステリー状態)によって

多くのものを失う場合もありますが、月を支配星に

持つ蟹座の性質を本能とする月星座が蟹座の人には、

正しいものです。

なぜなら個人対個人という関係や一般社会では

ヒステリー状態と認識されるものは、占星術的には

月の保護能力が持つヒステリー状態は自分が

育てるべき相手、保護の対象となるものを養い

成長させる時に外からの脅威に対して防衛する

力として発揮されるものだからです。

現代は様々な価値が個人単位で考えられることが

多く蟹座本来の育てるという価値の評価が

低くなっています。

保護の対象となるものを守る場合は他の協力者も

必要ですから、自我を抑えて同調し助け合うことは

必須です。

このようなものが月星座が蟹座の人には本能として

パッケージされています。

時代背景によっては最も大切な本能を持ったサイン

(星座)を月に持つのが月星座が蟹座の人です。

ただしヒステリー状態は理由はどうであれ

内蔵を荒らします。

特に小腸等の消化器官のケアが必要です。

しっかりと睡眠をとって内臓を再生させて下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!