金星 水瓶座の色気

sponsored link

金星を支配星に持つ牡牛座や天秤座の色気、美しさ

みたいなものや蠍座の深みのあるセクシュアリティは、

認識され易いですが、金星水瓶座の色気は、風のサイン

(星座)でさっぱりとしていますから、パッと見中性的と

思われるかも知れません。

しかし色気の元となるセクシュアリティに関する働きは

個人のホロスコープの中では、牡牛座、獅子座、蠍座、

水瓶座といったハウスで強く働きます。

ホロスコープの中で成長を三段階に分けると最初の

セクシュアリティが牡牛座、次の段階のセクシュアリティは

獅子座と蠍座で最後が水瓶座です。

ちょっと話が脱線しましたが、このような流れで金星水瓶座

タイプの人も何らかの形でセクシュアリティを持っています。

牡牛座のセクシュアリティが感覚的なものであることは

想像し易いと思いますが、金星水瓶座のものはどうでしょう。

金星山羊座タイプの人の愛についてという記事で

「この金星山羊座の真面目さは、社会において大切と思う価値を

守るところから来ています。

これと本音の愛の乖離が大きくなるとややこしい愛情関係に

なりますが、それでもこの真面目さと愛を結び付けるのが

金星山羊座です。」と書きました。

この真面目さに縛られないのが金星水瓶座の色気です。

「何それ」と思われるかも知れません。

sponsored link

金星山羊座の愛は、自分自身にとって大切に思える何らかの

社会的な価値を好みます。

そしてそれを具現化している自分や相手を好みますし

傷付けまいと誠実に振る舞います。

簡単に言えば控えめで真面目な愛です。

そして少し厳しいかも知れません。

そのような愛をより広い視点から知的に超えていく言動に

ある種の色気を感じるタイプの人もいるということです。

ですから価値観によっては、博愛過ぎて愛なのかどうか

分からないという言われ方をすることもあります。

しかし愛が何らかの条件に縛られてしまっている状態を

水瓶座の支配星である天王星の持つ強い光を放つ力(言動)で

雰囲気で解放して見せるようなエネルギーがほとばしって

いるのが金星水瓶座なのです。

これはある種の色気です。

全体主義の中で型にはまった愛が居心地が悪いタイプの人に

対して「自分らしくて良いんだよ」とさらりと言ってのけます。

若しくはそんな雰囲気を作り出します。

まさしく自由恋愛です。

ただし金星水瓶座の愛情は、個人的な価値をもっと大きな価値と

同質化させようとする矛盾を抱えています。

簡単に言えば「みんな友達」です。

金星が水瓶座だからと言ってその他の天体や感受点全てが

全て水瓶座ということはあり得ませんし、何よりホロスコープには、

必ず12サイン(星座)、12ハウスあります。

今回の記事は、あくまで金星水瓶座の持つ色気について絞って

いるのでこれ以上掘り下げませんが、どんな金星のサイン(星座)でも

具体的な幸せは、どうやって月サイン(星座)と調和させるかです。

ですから正解は、人それぞれです。

月と金星のアスペクトを中心にして絡んでいるその他の天体や感受点

何よりも月や金星のハウスやサイン(星座)の組み合わせ等々読んで

どこに適切なバランスがあるのか知ることが大切です。

そして自我(太陽星座)を通して具体的に表現出来ていれば

けっこう毎日幸せです。

生きていれば喜怒哀楽ありますが、基本的にぶれない情緒的な

安定感を保つことが出来ます。

金星水瓶座色気は、クリエイティブであればあるほど高まります。

関連記事 金星 水瓶座の恋愛

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!