速見佑斗コーチの宮川選手への暴力行為について

速見佑斗氏の暴力映像を観て、かなり

ショックを受けました。

塚原夫妻のパワハラと別の意味で深刻な問題です。

生まれ時間が分かりませんが、一通り観たことを

一言でまとめると、速見佑斗氏と宮川選手の関係は

DVに似ています。

sponsored link

速見佑斗氏の指導は、完全に暴力行為であり

あの映像が出ている以上指導者復帰が

あり得るのか疑問です。

コーチとしての契約先はありそうですが、

実際に公式試合でコーチとして

立てるのでしょうか。

DV関係に似ている理由ですが、

少なくとも宮川選手の選手としての個性を表す

火星の部分では、速見佑斗氏の太陽は

セクスタイルで、指導としての相性は

良かったことが窺えます。

この部分が体操選手であることと、

自分自身のアイデンティティがほぼ同じような

宮川選手には、指導者を夫と置き替えれば

DV関係に似ています。

細かく観ていくと、価値観として、気を抜いて

練習すると大事故に繋がるから、殴ったという

説明は、嘘でないと考えました。

そうなると、あの怒り方というか、

指導ではなく単なる暴力になっている理由は

切れ易い性格、もしくは激情型の性格が

どこかにあることになります。

sponsored link

生まれ時間が分からないので、速見佑斗氏の

生まれ日の月のアスペクトを全部出してみました。

その中で、一日を通して必ず出来るアスペクトは、

月と火星のスクエアがあります。

生まれ時間によって増減はありますが、

他にも月とのハードアスペクトが多く

情緒的に不安定なタイプであることが窺えます。

このようなタイプは、強気であれば虐待や

DVになり、自分自身が弱い立場であれば

被害に遭い易いタイプです。

確実にある月と火星のスクエアは、

興奮し過ぎるアスペクトです。

スイッチが入ると止まれないというか

我を忘れる傾向があります。

このようなタイプは、理性と感情のバランスを

取れない傾向があります。

自分自身の激し易い傾向をコントロールすることが

選手時代も課題だったのではないでしょうか。

速見佑斗氏は、生まれ時間によっては、

月とのハードアスペクトが最低でも3個

多い場合は5個もあるのです。

殴っても文句を言わない相手だったからこそ

余計に歯止めがかからなかったでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!