活動休止の西野カナさんについて

sponsored link

以前書いた西野カナさんの活動中止の記事は、

誤ったデータを上書きして消えてしまったので

もう一度書いています。

前回は、三重県出身者である有名人の

吉田沙保里さんの引退発表と重なったために

その視点から、考えてしまいましたが、今回は

西野カナさん個人について書いています。

活動休止を発表した1月8日は、西野カナさんの

生まれた時の土星は、トランジットの土星と

コンジャンクションですから、まさに

人生の節目のタイミングです。

節目とは、今までの流れの終わりと新しい

スタート地点の境目です。

問題は、なぜ今までの流れを終わりにしようと

思ったのか。

今までの活動の第2章のような形で

仕切り直すこともありなのに、歌手活動を

無期限で活動休止すると発表されました。

そこで考えてみたいのが、西野カナさんの

生まれた時(ネイタル)の土星とトランジットの

海王星のセクスタイルです。

これは、それまでの生き方を考えるきっかけが

生じやすいタイミングです。

sponsored link

西野カナさんの土星は山羊座なので、良かれ

悪しかれ真面目ですから、その分かなり窮屈です。

そこの魚座の海王星が働きかけてくることで

一つの価値観だけに一生懸命でいるよりも

もっと多くのものに目を向けようと誘って来ます。

これまでの西野カナさんのイメージを壊すことが

出来れば、活動休止という形を取らなくても

良かったかも知れませんが、山羊座の土星が

作る殻は強力ですから、脱皮に長い時間が

必要という見方も出来ますし、魚座の海王星も

強烈なイメージで迫って来るので、いったん

白紙にする必要があったのでしょう。

西野カナさんの火星は双子座ですから、様々な

ことに好奇心を向けますが、それはいたって

個人的な好奇心です。

それをトランジットの火星牡羊座が刺激して

いますから、本当に個人的な試行錯誤が

したくなっている時期なのでしょう。

双子座の好奇心のバラエティは、その人それぞれの

パッケージみたいなものです。

やりたいことが5つくらいあって、それらを

繰り返す人や10種類を繰り返す人もいます。

ですから、西野カナが活動を休止してやりたいことは

多岐に渡るはずです。

売れれば売れるほど、双子座の火星が抑圧された

状況に陥っていくことで、不満が蓄積されていた

のでしょうから、どんなことでも活動を休止する

理由にはなり得ます。

西野カナさんの太陽サインは、生まれ時間

12時計算で、魚座の27、5度付近ですから

目的意識としては、現世的ではない自己確立です。

恐らく、そのようなことを現実に行おうとすると

芸術的な活動や自由な恋愛等々、制限を完全に

取り払う必要があります。

魚座の太陽サインが本当の意味で感じていることを

拾い出すことは本人的にも難しいのです。

その時々で強烈に感じた必要性を好奇心豊かな

双子座の火星が選択するという姿勢が一番

ナチュラルかも知れません。

退屈が苦手ですので、いつまでも何もしない

ということもないでしょうし、もし何かしら

トラブルが絡めば恋愛運が動き出す金星です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!