水瓶座の月の人が恋愛に悩む理由

sponsored link

水瓶座というサインは不思議なフェア精神を

持っていますから、何かと誤解されることが

多くなります。

ある意味水瓶座の月の気持ちの持ち方や

愛情が作り出す姿勢は理想的です。

愛する人を解き放つことが出来ます。

いつでも自由に好きな時に会いにくれば

良いし、自分自身も好きに過ごしているから

いない時もあるけれども、とにかくお互いの

自由を大切にして付き合っていこう

という感じになります。

このような姿勢はあまりにも開放的過ぎて

相手によっては自分自身を愛していないと

感じてもおかしくありません。

簡単に言えば気持ちを縛らない愛です。

それだけではなく、水瓶座の月の人は、

様々な面で好きな人にもたれかかろうと

しない傾向があります。

好きな人だからこそ甘えた自分を

出したくないという言い方すら出来ます。

ですから恋人やパートナーがいても相談せずに

一人で困った状態と格闘している事もあります。

こうなるともう完全に愛し愛される関係では

ないと思うタイプの人がいても当然です。

それでも水瓶座の月の人も一緒にいたいとは

思っています。

例えば太陽と月のスクエアは男性に不利に

働く機会が多いかも知れませんが、水瓶座の月は

女性の恋愛に多少なりとも不利な要素に

なるかも知れません。

大切なことは自分に合った相手はどこかに

いることを信じることです。

ありがちではない個性であっても、そのように

感じる人が多いだけで割合としては、

そう極端に変わらないはずです。

ただ個性的なタイプの人は、その個性にあった

空間を選択して楽しんでいますから、出会える

場所には気を遣う必要があると思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!