投げやりな生き方を止める方法

sponsored link

希望という言葉が嘘臭く思えるような時は、

自分の土星を考えてみることをお勧めします。

そこに夢や希望があるわけではありませんが、

譲れない自分というか何事でも決着が付ける

ポイントが示されているからです。

土星という自分らしさが助けになります。

バースチャートの太陽サインが示すような希望は

大きくなったり小さくなったりを繰り返しますが、

本気でありさえすれば土星は裏切りません。

逆に追い込まれた時ほど土星を見出します。

もちろん、太陽サインは重要です。

その人の生きる舞台です。

でも誰もが理想や希望を精神の軸に据えて

生きられるわけではありません。

もし前向きにはなれないけれども、投げやりな

生き方はしたくないと思うのならば土星の

サインの度数を確認する価値はあります。

サビアン度数を確認してみて下さい。

何らかの理由で追い込まれた時やいざという

時しかスイッチが入らないタイプの人は、

土星サインを軸に据えて考えると自分を

見失わずに済む可能性は高くなります。

それは楽しい生き方ではありませんが、

悪くなることはありません。

理想を追及する生き方は、本来そうすべき

なのですが、案外難しいものです。

理想に邁進出来ているようならば、人は

思い悩みません。

理想はいくらでも膨張しますが、その分

縮むこともしばしばです。

足場を失って倒れそうな時やどこまでも

落ちてしまいそうだと感じる時は

土星ほど頼りになるものはありません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!