爆笑問題の太田光さんが語った川崎殺傷事件と優しさ

sponsored link

サンデージャポンで太田光さんが、川崎殺傷事件の

容疑者について語られていましたが、その引用です。

「(太田光さんが、)何も感動できなくなった時が

あったんですよ。

物を食べても味もしない。

そういう時にこれはこのまま死んでもいいなって

いうぐらいまで行くんだけど、そうなっちゃうと、

自分もそうなら人の命も大切には思えないよね。

・・・・・」と続いていくのですが、

どのような理由で、このような心理状態になるかは

人それぞれですが、トランジットの天体のタイミングが

何らかの形で実人生に反映されている時は、誰でも

生きていてもしょうがないかなと思う時はあります。

そのような状態から立ち直る力は、やはり好きなことや

大切なものを通して感じる自分自身の価値です。

自分自身の価値を感じられなければ他人の価値を

感じられないのも当然です。

何を通して、どのようなタイミングで自分自身の価値を

感じるかは人それぞれですが、誰にでも何かあります。

川崎殺傷事件の後でほどなく、農林水産省の

元事務次官が息子を殺害した事件が起こりましたが

他人の価値を感じられない連鎖がどんどん広がると

様々な理由で誰かが誰かを殺害して良いという

恐ろしい社会になります。

殺害は極端ですが、他人を叩くのも程度は違いますが

このような成分がある程度混在しています。

このような感情を完全に排除するのは綺麗事です。

人間には残忍な部分があります。

だからこそそれを抑止するような優しさが必要です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!