騎士団長殺しで再確認する太陽サインの重要性

7年ぶりの長編小説となる騎士団長殺しが発売された

村上春樹さんですが、

初版部数130万部ということで、

昨今の小説としては飛びぬけた数字です。

歌手、俳優、文筆家の星野源さんのエッセイ集も

アマゾン売り上げ上位を独占しています。

人気作家さんは他にも沢山いらっしゃいますが、

話題になるほどの勢いを持っている二人の作家に

共通するのが水瓶座9度です。

sponsored link

村上春樹さんは、水星が水瓶座8,82度の

サビアン度数9度で、

星野源さんは、太陽が水瓶座8,1度の

サビアン度数9度です。

そして、お二人とも水星と火星が

コンジャクションです。

村上春樹さんの騎士団長殺しを読みましたが、

現実とそうでない何らかの世界との境界線を舞台に、

穴、暴力性、不愛想だけれども美しい少女、

ハンサムで知性も水準以上なのに何か足りない青年、

得たいの知れない存在、

物語を支えるために必要とされる完全かと

思わせるような能力をもった人等々が、

繰り返し、姿形、名前を変えて出て来る

キャラクターを確かめながら読んでいました。

村上春樹さんは、68歳で土星期ですが、

やはり小説の舞台は太陽サインだと思われました。

sponsored link

1949年1月12日正午京都生まれで

計算すると村上春樹さんの太陽と海王星のスクエアは

96,42度で太陽のスクエアとしてオーブは

ギリギリですが、毎回の長編作品を見る限りは

このアスペクトは機能していると思われます。

太陽と海王星のスクエアは、典型的な

オカルト的刺激が入るアスペクトです。

意識の海王星的改革と言っても良いかも知れません。

村上春樹さんの小説の舞台は日常とそうでない世界の

繋がりの部分がメインだと思うのです。

天体だけの絡みを考えれば、村上春樹さんの

太陽サインは、海王星としかアスペクトがありません。

改めて、その人の人生の舞台は太陽サインなのだと

思うのでした。

自分の太陽サインを生きないことには、

可能性の追及というのはあり得ないのかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!