12サイン別、蟹座の優しさ

sponsored link

蟹座は、基本的に繊細で優しいタイプですが、

身内意識を感じられない相手に対しては、

かなり冷たくなります。

蟹座の優しさに触れるには、基本的に

疑似家族のような関係性に入って

いかなくてはなりません。

この関係性に中にある保護された状態は、

風や火のサインにはない、特別な居心地の

良さがあります。

そこまで気を遣わなくても良いのにと

感じるような気遣いと相互に贈り物を

し合う世界が展開します。

このような情の結び付きは、自分は孤独では

ないという自信を与えてくれるので、

傷ついた人にはかなり貴重な優しさになります。

この優しさが強大化していくと、凄まじい

押し付けという同一化による個性の否定が

始まるので、蟹座の優しさの良い部分だけに

触れたければ小さな集団がお勧めです。

自分を強く主張する人には向かない優しさですが、

表だって自己主張せずに、集団の要求を

感じ取りながら、調和することが苦にならない場合は

繊細で同情的な蟹座の優しさは、人を成長させる

お勧めな優しさです。

他のサインの優しさは、こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!