母親からどのように愛されたか 、第9ハウス蠍座

sponsored link

第9ハウスが蠍座の人にとって母親は

優しいけれども少し秘密主義で

完全に密着してくるような感じなのに

本音がつかみ難い存在です。

母親との関係性から逃れることが不可能な

状態にあるので自分と母親の関係を

相対化するのは最も困難なタイプです。

自分と母親がどのような状態にあるのか

ほとんど自覚がないのです。

行動的には優しい母親であれ少し

うるさいタイプであれ、ぐいぐい自分の

価値観を押しつけてくるので分かり易そうな

ものなのですが、それを当たり前と思うのです。

それでも子供側の太陽サインから見て

母親との関係性の重さに反発する場合もあります。

ただ基本的に自分と相手の関係をきっちりと

閉じ込めてしまって、お互いが変容するような

密接な愛情を追い求める時に自分らしさを

取り戻すので、何だかんだ言っても

母親のまなざしを自分自身も無意識に

再現することになります。

特に母娘はうなずくタイミング等がとても

似ているものです。

どんなサインでも母親のまなざしは

実際の母親ではなく内面化された存在ですが、

第9ハウスが蠍座の人の母親はかなり深く

入り込んでいます。

12サイン別、母親から、どのように愛されたかは、こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!