第9ハウスタイプの人の主観的な第10ハウス

これは、主観的な第10ハウスの話です。

自分だけの第10ハウスは、当たり前の

第10ハウスとは違います。

決して代わりになるものではありません。

気持ちを社会的な達成に乗せていくための

個人的な感覚です。

sponsored link

本来の第10ハウスは、アセンダントから始まる

資質の余計なものを省いて、きちんと地域社会

の部品として収まり切るように仕上げたものです。

役割を担うということは、そういうことです。

だからこそ、地位や権力が発生します。

第9ハウスタイプの主観的な第10ハウスは、

第6ハウスになります。

第9ハウスは、第8ハウスで一体化した価値観から

自由になれる開放的なハウスです。

集団や組織を相対的な感覚で捉えることが可能な

場所は、その理解力や教養において深いものが

あることを意味します。

第9ハウスタイプの人が実際に、このハウスを

メインに生きる時に、上記のようなことを

いちいち意識することはありません。

自分自身に備わった自然なセンスという意味では

とても恵まれていますが、主観的な第10ハウスから

見れば、ここが出発点になります。

第9ハウスタイプの人の主観的な第10ハウスは、

第6ハウスですが、これは第6ハウスが意味する

調整能力を集団の価値を相対化出来るレベルで

発揮するということです。

sponsored link

これは、非常に高度なことです。

本来、第6ハウスは、個人的資質の領域ですが

第9ハウスタイプの人は、他者、しかも何らかの

集団が個性を発揮出来るように調整するのです。

このような高度な主観的な第10ハウスを

現実に発揮する場合としてNGO等で活躍することも

あるかも知れません。

これは一つのイメージですが、集団の中でも

自分を見失わずに自分を再構築出来る

第9ハウスタイプの人は、貴重な人材になり得る

可能性があります。

第7ハウスタイプ以降の人は、自分だけの

努力の問題ではない側面があり、

第9ハウスタイプの人も例外でhありません。

上記のような過程で様々な葛藤を感じます。

特に、関わった集団に一度溶け込む過程の葛藤や

そこから個を取り戻す時の膨大なエネルギーの

必要性とその支払いの大変さは第9ハウスタイプの人

特有のものです。

ハウスのサイン、天体やアスペクト、

支配星の動きを考慮して自分だけの成功の

イメージを作ると、かなりモチベーションアップに

役立ちます。

頭で考えることと気持ちを一致させ易くなるのです。

主観的な第10ハウスの関連記事は、こちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!