喜本奈津子容疑者と宮崎文夫容疑者の関係

sponsored link

あおり運転殴打の宮崎文夫容疑者の動機

宮崎容疑者の姓名判断について書きましたが、

同乗し暴行を撮影していた喜本奈津子容疑者も

逮捕されました。

男女関係はお互いの人格の土台を変えますし

そのエネルギーを方向性はともあれ増幅

さしていきます。

宮崎文夫容疑者が逮捕される様子を見ると

喜本奈津子容疑者の存在が精神的に

まったく無関係ということはなく

それどころかかなりの依存が見えます。

喜本奈津子容疑者の姓名判断です。

旧漢字で行います。

総画数は38画ですからアクティブでは

ありませんがパートナーに合わせるタイプです。

宮崎文夫容疑者にとっては自分を批判せずに

調子を合わせてくれる相手は何より必要

だったのでしょう。

五行の並びは上から金性、火性、木性と

頑張れども不調に終わることが多い並びです。

そもそも総画数が38画なので強情な割には

自分の意思を押し切れません。

とてもザックリと喜本奈津子容疑者個人の

姓名判断は終えますが、この記事で書きたいのは

姓名判断的に宮崎文夫容疑者とコンビを組んだ

時の影響を中心に書きたいからです。

sponsored link

結婚していなくても結婚したと仮定した状態で

占うことでその影響が窺えます。

これで分かるのは宮崎文夫容疑者の未来や

本当に結婚すれば喜本奈津子容疑者の

結婚後の様子です。

宮崎奈津子で姓名判断をすると総画数42画で

意思が弱く天格も地格も21画の同数になります。

これは運勢が非常に極端に振れることを意味します。

それだったら良い方向にいくこともありそうですが、

総画数42画に対して奈津子という生まれ持った

性質の相性を考えると、ちょっとずつバランスを

崩しながらどこかのタイミングで一気に

悪い方向に運気が向かう傾向があります。

このようなタイプの人が個人の問題であれば

細心の注意を払って慎重に言動を管理すれば

成功も望めますが、二人の人間の土台としては

良い方向に向けるのは非常に難しいです。

なぜなら二つの気持ちがあればお互いの安定を

無意識に優先するのが人情です。

一人だとやらないことでも二人でいるからこそ

エスカレートすることは普通のことです。

小嶺麗奈容疑者と田口淳之介容疑者の気になる点

生年月日が分かれば悲しい相性かも知れません。

小嶺麗奈容疑者と田口淳之介容疑者の悲しい相性

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!