2月18日から25日のラッキーアクション

sponsored link

水星の留に関するラッキーアクションです。

1月30日から始まっていた水星水瓶座の逆行期間が

2月20日に終了します。

逆行が始まる前後もそうですが終わる前後も水星の動きが

ギクシャクすると言うかかなりゆっくりになります。

そのような状態を「留」と呼びます。

意味としては今回であれば水瓶座の水星の影響が強くなります。

このような影響は、水星(学習、観察、コミュニケーション)の

フォーカスする部分が偏ることを意味しています。

ですから単純に良いとか悪いということではなく、視点が

偏り易いことに対して注意を払ったり、逆に特定のことに

関心が向くことを利用して、そのことを深く掘り下げたり

することも出来ます。

昔は、順行から逆行に入る時に起こる留は、悪いことが

起こり易く、逆行期間が終了して順行に向かう時の留は

良いという言われ方をしていますが、そのような区別は

あまり無いように感じます。

留は、水星に関する意識の焦点が狭くなり、普段と同じ

ような範囲に注意を向けることは苦手になりがちですが、

特定のことに関して深く掘り下げることには向いている

という解釈で良いと思います。

水星の逆行期間が終了する前後ですから2月18日から

25日にかけては、自分自身が深めたいことに取り組んでみると

集中力を発揮し易いのでいつもよりも成果が出易いと思います。

一番良いのは、自分自身が取り組んできたことを更に深く

考察したり、一般的な学習等であれば復習期間に使うと

良いでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!