誰にでもある心の傷と仕事の繋がり

sponsored link

仕事が心の傷の救いになるタイプの人という記事は、

そんなに読まれないと思っていましたが、必要なので

書いたものです。

心の傷には、様々なものがあります。

一番理解し易いのは、月と土星、天王星、海王星、

冥王星のハードアスペクトでしょう。

このようなアスペクトは、他の天体や感受点とも

アスペクトを作りながら様々な生き辛さを作ります。

感受性に深みや陰影を作りますが基本的に苦しい

内容になります。

ただ月に関する苦しさは、自分自身の精神的な肉

(体質みたいなもの)として自分自身に馴染んでしまいます。

どんな感じで育っても無意識レベルで叩き込まれた感情は、

消えないものです。

それを核として他の感情の糸を巻き続けるのが人生の実態

とも言えます。

ただそのような感情の更に奥には、魂があります。

本来の自分自身と言えるものです。

ある意味で月レベルの心の傷は、魂側に近づくための

エネルギーの噴出口とも言えるものです。

ところがキロンが示す傷は、公転周期を考慮すると理解

し易いですが、月が背負う傷とかなり異なります。

そもそも個人天体にハードアスペクトがあれば何かしら

そのことに関して嫌な思いをすることはあるでしょう。

sponsored link

問題のキロンですが、簡単に言えばこの傷は、個人的な傷では

ないとも言えます。

磨き上げていくことで最終的に誰かを癒すためのものです。

人間の心理に対して理解の少なかった第2次世界大戦前後は、

マッドサイエンティストとも言える科学者たちが恐ろしい

心理実験を沢山行いました。

一般的な感受性に欠けた人間が知的な興味だけで結果を

知りたがった悪趣味な実験の数々です。

このような行いを逆説的に考えれば癒すことを目的としない

行為は、被験者を発狂させるだけでなく死に至らしめます。

マッドサイエンティストは、癒されたのかも知れない可能性は

ありますし、実際そうでしょう。

しかしここで問題にしている仕事が心の傷の救いになるという

ことに関しては、あくまでも常識的な意味で喜んで頂けるものを

前提条件にしています。

キロンが作り出す傷は、どんな傷でも克服してその本質を

サービスとして提供すれば仕事になり得ます。

どのような過程でそのような状態になるかは、サイン(星座)、

ハウスを初めとするホロスコープ全体を考慮して下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!