「射手座 お尻」というキーワード検索

sponsored link

「射手座 お尻」というキーワード検索があったので

書いています。

射手座を身体部位で言うと腰、お尻、太ももくらい

含みます。

お尻と言っても臀部の筋肉みたいなニュアンスであって

体の部位としての側面です。

お尻がが可愛いとかお尻フェチとか、あまり気持ちが

こもったものではありません。

部位を表すと書きましたが太陽星座が射手座の人は、

若くても腰の痛みを抱えることが多いような気がします。

と言っても何らかのスポーツ選手であることが多く

太ももの肉離れもあります。

太ももの肉離れに関しては、頻度が少なく陸上競技のような

ことを本気でしない限りあまり聞きません。

ただ腰にしても太もものトラブルにしてもお尻の筋肉が

固いことや使い方に問題があるかも知れません。

ここからは射手座のサイン(星座)とお尻の筋肉の関係

射手座は、社会的な束縛から自由でいようとして集団生活の中で

へこむことがあっても何度でもジャンプします。

このジャンプの回数が他のサイン(星座)よりも多いのです。

人の意識と身体は、ちゃんと繋がっていてもっとも頻繁に

使う意識は、身体に反映されます。

集団に対して個人として向き合う射手座は、かがんだり

ジャンプする意識の動きを頻繁に行っています。

そしてかなりの回数失敗しています。

そして射手座としては時折成功したジャンプは、最高の気分で

羽をもがれるわけにはいきませんから(山羊座にいきたくない)

ひたすら飛べるだけ上に向かっていきます。

sponsored link

射手座意識とシンクロするということは、そういうことです。

そのようなジャンプの一連の動作で使われる意識と腰、お尻の

筋肉、太ももは、イマジネーションの中の動きであっても

密接な関係があります。

射手座は、基本的に運動に適性のあるサイン(星座)ですが

このような気持ちを表現するとバレーやバスケ、陸上等を

やってみたくなるのかも知れません。

実際の人間は、何座であれ飛べませんが、射手座意識が

いつもジャンプしているのです。

ゴムまりのように弾んでいるイメージでも良いかも知れませんが、

天空を駆けるペガサスみたいなイメージがもっとも飛んでいる

状態でしょう。

そう言った意味でこのような感覚を味わう時に重要な部位は

腰や太ももですがこれらが故障しないための要になるのは

お尻の筋肉です。

射手座の人が望む感覚が得られる身体の動きが快適、安全に

行われるためにはお尻の筋肉のある程度のボリュームや

柔軟性が必要になります。

怪我をする射手座は、腰や太ももに対してお尻の筋肉が

足りていない、若しくは固いと言えます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!