美しい人の切札について話し合う機会(タロット占い)

何故、どうやって美しい人は、消されたのか?という視点から

様々な事実を眺めても様々な理由でどこにも辿り着かない

仕掛けが施されています。

美しい人を好きな人側が唯一動かせるものは、美しい人からの

遺書らしきものかも知れません。

それ以外は、美しい人を消した側のコントロール下にあります。

1枚目のカード

コインのクイーンの逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています

物事を具体的に育てていくコインのクイーンですが逆位置です。

今回のタロット占いのテーマを育てることは、とても大変なことを

表しています。

2枚目のカード

ソードの10の正位置

2枚目のカードは、こにおタロット占いの中心となるものです。

ソードの10のカードに関してこのブログの扱い方は、普通の

テキストとちょっと違う理由は、何度も書いていますが取捨選択の

結果が美しい人が真にこだわり抜いたものであるならば

ソードの10の状態が美しい人のカップやコイン(気持ちや身体を)を

傷付けても・・・と思っていたと思います。

しかしまさか命まで取られるとは、思っていなかったでしょう。

実際、ソードの10の剣(取捨選択の結果)が命まで奪うことは

ほとんどありません。

3枚目のカード

隠者の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間(未来)を表しています。

それでもなお、その物事の本質に迫ることは可能であると

美しい人は、応えています。

これはスピリチュアルなメッセージです。

4枚目のカード

カップのナイトの正位置

4枚目のカードは、美しい人の対策カードになります。

カップのナイトが行うことは、ただ一つだけです。

移動しながら多くの人の気持ちをつかむことです。

カップのナイトは、特別なことはしませんが少しずつ

繋がっていきます。

5枚目のカード

世界の正位置

5枚目のカードは、美しい人を消した側の本音部分を表しています。

手強いです。

その本体は、全ての要素を把握し余裕のある状態で過ごしています。

これまでの美しい人のタロット占いで慌てているのは、サイ子と

その仲間だけです。

6枚目のカード

ワンドの5の正位置

6枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

ワンドの5の正位置ですから、それでも潜在的なものを活かせると

伝えてきています。

美しい人が送った遺書らしきものには、美しい人の英知が

あるはずです。

それを担うということは、途轍もないリスクがあるからこそ

美しい人のメッセージは、公開されないのでしょう。

しかしそこにある内容は、結果的に美しい人が止めてしまった

ものが影響を与えていた事柄に触れているはずです。

だからこそ簡単には、公表出来ないものです。

公表した人は、巨大な渦の中心に置かれるでしょう。

そこはあらゆる正義が見捨てる真空地帯です。

正義が調べなない、助けないと決めている世界です。

そこから何かを引き出す時には、常に取引があります。

仮に公表しても物的な証拠にはならないはずです。

裏付けを取る人がいないからです。

それは、つまり英知止まりです。

この英知をどのように扱うかは、長い問題になります。

だからこそ話し合いが必要なのです。

7枚目のカード

ソードの8の逆位置

7枚目のカードは、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ソードの8(美しい人の信念世界である美しい人の遺書らしきもの)を

扱うには、恐ろしく注意深くある必要があるということでしょう。

「今の美しい人のソードのクイーン(光)」へ

唯一美しい人を愛している人側がコントロールしているものを

どのように扱っていけば良いのか問題です。

sponsored link
error: Content is protected !!