牡羊座の新月で別次元のエネルギーが心身を駆け巡る願いが叶うタイプの人

本当の願いとは、タロット占いの太陽のカードの無意識側の

子供が預かっているような自分自身でも忘れているような希望です。

ですから、これが叶うと分かれば、別次元のエネルギーが心身を

駆け巡ります。

以下の条件に当てはまる方は、自分自身のホロスコープ対する

今回の牡羊座の新月のトランジットの活かし方をしっかりと

検討してみて下さい。

2022年4月1日15時24分に牡羊座新月を迎えます。

今回の牡羊座の新月は、第8ハウスで起こります。

このブログ的には、牡羊座の新月ですが、まったくの新しい

スタートと言うよりも、過去に眠ってしまった夢をもう一度

蘇らせるような新月として位置付けています。

それも、どちらかというと、第8ハウスですから、受け入れて

もらうために、苦しいけれども頑張って、何となく見えた

個人的な幸せを繋ぎとめる方法も分からないまま、消え去って

しまったようなことを想定しています。

生き辛い人が生きていて良かったと思えるような幸せです。

生き辛い理由は、依存先(相手)に縛られた生き方から逃れることが

出来ないから起こることですが、本当に生き辛い人は、

「だったら好きにしたら?」と言われても

好きに生きれないから生き辛さを抱えているのです。

そして「好きにすれば?」という側は、何らかの理由で

依存せざるを得ないタイプの足元を見ています。

理由や背景は、本当に人それぞれですが、依存せざるを

得ない場合は、自分自身の夢は、見えないのです。

優先順位があるからです。

それでも取りあえず頑張った人は、知らない間に自分自身の夢に

ヒットしています。

夢と言っても、資格取得とか進学とか就職と言った世俗的な

価値観、誰かに評価されるようなものではなく、具体的だけれども

自分自身にしか分からないような価値観(幸福)に触っています。

しかし依存のニーズが高いとそれが見えないのです。

死ぬほど頑張った場合は、感覚的に楽しさを感じることもありますが、

それを自力で維持発展させていくことが出来ません。

その状況が変われば、その楽しさは、儚く消えていきます。

それは、あまりにも残酷で悲しいことです。

絶望的な感情を味わうでしょう。

何故なら、もう一度、同じように死ぬほど頑張ることは二度と

出来ないからです。

言い方を変えれば、それくらい頑張って、やっと見つけた幸せな

感覚だからです。

新月の解説なのに、前置きと言うか、説明がやたらと長くなって

しまいましたが、このような内容を持つ人こそ、チャンスになる新月です。

このような夢を取り戻すために役立つのが今回の第8ハウスで起こる

牡羊座の新月になります。

これで終わろうと思いましたが、もう一つだけ足すと、明日の新月の

アセンダントは、乙女座ですから、牡羊座の新月が完全に一から

取り組もうとすると、かなりギクシャクします。

それが決して悪いと言うことでは、ありませんが、上記のように

取り組んだ経緯があれば、それが本当の望みだったんだと忘れるくらい

のことであっても、上手く影響すると思います。

sponsored link
error: Content is protected !!